潤工社製OFCシルバーコートケーブル採用

final、イヤホン“Piano Forteシリーズ”新モデル3機種。バランス接続対応機も

編集部:小澤 麻実
2017年07月13日
S'NEXTは、finalブランドのダイナミック型イヤホン“Piano Forteシリーズ”の新モデル「Piano Forte X-T」「Piano Forte IX-T」「Piano Forte VIII-T」を7月28日に発売する。

最上位モデル「Piano Forte X-T」

Piano Forteシリーズはイヤーチップを使わない独自の開口形状とホーンスピーカーの原理を採用したイヤホン。新モデルでは内部仕様も変更し、これまでの広い音場はそのままに高い明瞭度を実現したという。

3モデルの違いは筐体の素材。X-Tはクロム銅、IX-Tはステンレス、VIII-Tは真鍮を削り出しで採用している。また、各モデルごとに端子部が3.5mmタイプのものと、バランス接続対応の2.5mm 4極タイプのものを用意。ラインナップは以下のとおりとなる。

Piano Forte X-T クロム銅削り出し筐体
 カラー:イオンプレーティング仕上げ/ゴールドメッキ仕上げ
・3.5mm端子タイプ Piano Forte X-T35 ¥258,000(税込)
・2.5mm端子タイプ Piano Forte X-T35 ¥261,000(税込)

イオンプレーティング仕上げ

ゴールドメッキ仕上げ

Piano Forte IX-T ステンレス削り出し筐体
・3.5mm端子タイプ Piano Forte IX-T35 ¥118,000(税込)
・2.5mm端子タイプ Piano Forte IX-T25 ¥121,000(税込)

Piano Forte IX-T

Piano Forte VIII-T 真鍮削り出し筐体
・3.5mm端子タイプ Piano Forte VIII-T35 ¥94,800(税込)
・2.5mm端子タイプ Piano Forte VIII-T25 ¥97,800(税込)

Piano Forte VIII-T

いずれも自社開発のφ16mmダイナミックドライバーを搭載。筐体にはマンガン系の特殊制振合金の微粉末とプレートを使用。ドライバーユニットにも制振合金プレートを使うことで、制振性を強化している。ケーブルは、潤工社製のOFCシルバーコートケーブル。長さは1.2mとなる。製品の生産は日本の自社工場にて行っている。

Piano Forte X-Tはインピーダンス15Ω、感度110dB/mW。質量は45g。「演奏者の細やかな表現を繊細に描き出すサウンド」が特徴という。

Piano Forte IX-Tはインピーダンス15Ω、感度110dB/mW。質量は42g。「明瞭で臨場感のあるサウンド」とのこと。

Piano Forte VIII-Tはインピーダンス15Ω、感度110dB/mW。質量は43g。「柔らかな響きに明瞭さが加わったサウンド」と紹介されている。

付属品として、真鍮製キャリーケースが用意される。

真鍮製キャリーケースが付属する

関連記事