カスタムIEMで培った技術を搭載

テックウインド、CTMのユニバーサルイヤホンを取り扱い開始。第一弾は「Vintageシリーズ」

編集部:押野 由宇
2017年07月13日
テックウインドは、カスタムIEMのメーカーである米CTM(Clear Tune Monitors)社が開発したユニバーサルイヤホン「Vintageシリーズ」を、7月28日(金)より発売する。

Vintageシリーズ

・「VS-4」¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
・「VS-3」¥OPEN(予想実売価格59,000円前後)
・「VS-2」¥OPEN(予想実売価格47,000円前後)

CTMはカスタムIEMのメーカーとして、多くのサウンドエンジニア、プロのミュージシャン、音楽リスナーから望まれるような音作りを心がけており、そのクリアな音質で多くのプロから信頼されるというブランド。今回開発された「Vintageシリーズ」は、カスタムIEMで培った技術を活かし、サウンドとデザイン性の高さを両立させたというユニバーサルモデルとなる。

「Vintageシリーズ」では音導管にソフトシリコンを採用。その理由について同社は、メタルやプラスチック素材の音導管ではドライバーから出てきた音、特に中音域の周波数が音導管内で反響し、素材の音が出てしまうが、ソフトシリコンを使うことによって音導管内での不要な反響をなくし、素直で暖かな音を得られるとする。

これはカスタムIEMでの経験から、人間の耳の中には固い部分や直線がなく、すべて柔らかな曲線であることからヒントを得たといい、非常にクリアで見通しの良いサウンドをシリーズ共通の特徴としている。

VS-4

VS-4はBAドライバー4基を高域×1、中域×2、低域×1の3Way構成としたモデル。周波数特性は20Hz〜16.5kHzで、インピーダンスは18Ω。入力感度は119dBで、ノイズ減衰は-26dB。そのサウンドは「ウォームでパワフル」とする。

VS-3

VS-3は高域×1、中域×1、低域×1の3Way3ドライバー構成を採用し、周波数特性は20Hz〜16kHzで、インピーダンスは20Ω。入力感度は128dBで、ノイズ減衰は-26dB。「パンチの効いたアタック感」が特徴という。

VS-2

VS-2は高域×1、中域×1で2Way2ドライバー構成で、周波数特性は20Hz〜15.5kHzで、インピーダンスは20Ω。入力感度は110dBで、ノイズ減衰は-26dB。「フラットで鮮明なサウンド」を持つとしている。

パッケージデザインもVintageテイスト

Vintageデザインを採用したことについては、「ロックンロールの黄金世代である1960年代に生み出された数々の特徴的なラインが、CTMファミリーを含むクラシックファンを魅了してやまない」と解説する。

なお、今週末7月15日(土)・16日(日)にベルサール秋葉原にて開催される「ポタフェス2017 東京・秋葉原」にCTMブースを出展。当日はVintageシリーズ全機種を試聴できるようにする。
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCTM
  • 型番VS-4
  • 発売日2017年7月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:高域×1、中域×2、低域×1の3Way4ドライバー構成 ●周波数特性:20Hz〜16.5kHz ●インピーダンス:18Ω ●入力感度:119dB ●ノイズ減衰:-26dB
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCTM
  • 型番VS-3
  • 発売日2017年7月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格59,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:高域×1、中域×1、低域×1の3Way3ドライバー構成 ●周波数特性:20Hz〜16kHz ●インピーダンス:20Ω ●入力感度:128dB ●ノイズ減衰:-26dB
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドCTM
  • 型番VS-2
  • 発売日2017年7月28日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格47,000円前後)
【SPEC】●ドライバー:高域×1、低域×1の2Way2ドライバー構成 ●周波数特性:20Hz〜15.5kHz ●インピーダンス:20Ω ●入力感度:110dB ●ノイズ減衰:-26dB

関連記事