アーティストや企業もコンテンツに協力

KDDI、複数人が同時参加できるVR空間の体験ブースを全国5店舗に期間限定設置

編集部:押野 由宇
2017年05月29日
KDDIは、モバイルネットワークを介して複数人が同時に参加、コミュニケーションが可能なVRアプリケーション「VR appli(仮)」が体験できる特設ブースを、6月3日以降の期間限定でKDDI直販店5店舗に設置する。

「VR appli(仮)」

同アプリでは、自分の分身となるキャラクター設定をした上で、自分自身のVR空間となる「マイスペース」を入口に、さまざまなVR空間が体験できる。また、複数人が参加できる「リンク(共有)スペース」として、そのVR空間に友人や知人を誘い、会話や3Dアクションスタンプ(キャラクターのモーション)などによるコミュニケーションを行いながら、同一のVR空間やコンテンツを複数人で一緒に楽しめるという。

そのほか、新しい音楽体験を楽しめる音楽と映像がシンクロ融合したVR空間「VJ360」、360度コンテンツや静止画、動画をVR空間で楽しめる「シアター」、VR空間内で会話を楽しめる「ラウンジ」、VRで楽しめる「ゲーム」など、一人もしくは複数人と一緒に楽しむことができるVR空間やコンテンツが用意される。

「ラウンジ」のコンテンツイメージ

「VJ360」のコンテンツイメージ

VR空間「VJ360」には、DJ/テクノアーティストの「KEN ISHII」や、新しいクラシックの楽しみ方を提案するプロジェクト「爆クラ!(爆音クラシック/楽曲協力:日本コロムビア」などが協力。

「シアター」のコンテンツイメージ

「ゲーム」のコンテンツイメージ

またスペースシャワーTVや新江ノ島水族館、国立天文台など、企業・団体やサービスと連携したスペシャルVR空間の開発を推進していくとしている。

なお、VR体験ブースで体験可能なコンテンツは「VJ360」、「ラウンジ」、「シアター」となり、「ゲーム」は含まれていない。

【VR体験ブースの設置場所と期間】
au SHINJUKU:6月3日(土)〜6月4日(日)
au FUKUOKA:6月10日(土)〜6月11日(日)
au NAGOYA:6月17日(土)〜6月18日(日)
au OSAKA:6月24日(土)〜6月25日(日)
au SENDAI:7月1日(土)〜7月2日(日)

関連記事