オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新譜&復刻盤

ヒノEP、プロプリウスレーベルより『聖歌の夕べ』などレコード3タイトル

編集部:押野 由宇
2017年05月18日
ヒノ・エンタープライズは、『カンターテ・ドミノ』などで知られるスウェーデンのプロプリウスレーベルのアナログレコード3タイトルを発売する。価格はオープンだが、全て3,500円前後での実売が予想される。

『聖歌の夕べ』
・演奏:ホーカン・ハーゲグード(バリトン)、アンディシュ・オールバル(p、org)
・型番:PROP7768

『聖歌の夕べ』

「カンターテ・ドミノ」に並ぶプロプリウスの名盤。バリトン独唱とピアノもしくはオルガンというシンプルな構成ながら、プロプリウスの録音による残響感や音の広がり感により、伝統的な北欧の教会音楽の世界を聴かせる。

『アンティフォン・ブルース』
・演奏:アルネ・ドムナルス(ts)、グスタフ・ショウフィスト(org)
・型番:PROP7744

『アンティフォン・ブルース』

教会オルガンとサックスがコラボした作品。クラッシックの名曲からスピリチュアルミュージックなど、オフ気味にセッティングされたマイクで録音。壮大なパイプオルガンの響きとサックスの鳴きが絶妙のバランスで収録される。

『アイル・ヴィー・シーイング・ユー』
・演奏:エレン・アンデソン・カルテット(ギター・ベース・ドラム)
・型番:PLP165

『アイル・ヴィー・シーイング・ユー』

プロプリウスのJAZZレーベルであるプロフォンの最新録音盤。スタンダードのJAZZソングを得意とするスウェーデン出身のJAZZシンガー、エレン・アンデソンのデビューアルバム。ス・ワンダフル、スマイルなどおなじみの曲を収録。

関連記事