2016年設立の新ブランド

独AFIからレコードの反りを改善し “ストレスを除去” するデバイス「Flat.」登場

編集部:押野 由宇
2017年03月16日
シーエスフィールドは、ドイツのAFI(Audio Fidelity Improvement)ブランドの取り扱いを3月21日より開始。その第一弾製品として、レコード・フラットナーにリラクゼーション機能を搭載した「Flat.」を発売する。価格は600,000円(税別)。

Flat.

AFIは2016年設立のブランドで、製品開発は同ブランド代表にして物質科学の学者であるウルリッヒ・ケーテ博士が行う。同氏はFlat.について「多くのレコードはプレス直後からの冷却プロセスにおいて物質的にストレスを受け、微細な音溝、あるいはレコード盤全体が変形してしまう。これを加熱と冷却の緻密なプログラムによって、崩れたビニール素材の分子の結晶を再整列させることでレコード盤のストレスを解消し、プレス時本来のフォームに戻す」としている。

Flat.は、特殊フラットマットと高品質な制御回路装置により、極めて均一な熱分布を達成し、レコード、マキシおよびシングル盤の反りや歪みを大幅に低減するとしている。操作にはプリセット・プログラムと、マニュアル設定が可能なエキスパート・プログラムが用意される。

「リラクゼーション・プログラム」機能では、レコード盤を非常にゆっくりと均一に加熱(その後冷却)し、 温度をコントロールしながら盤をリラックスさせストレスを除去していくことで、音質改善をもたらすという。

筐体には高級硬質ガラスが採用され、マグネティックペンにより操作する高品質磁気スイッチを搭載。外形寸法は400W×55H×500Dmm、質量は8.7kg。


新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドAFI
  • 型番Flat.
  • 発売日2017年3月21日
  • 価格¥600,000(税抜)
【SPEC】●電力:最大90VA ●最大温度:59度(スタンダード・プログラム)、54〜60度(エキスパート・プログラム) ●目標温度との偏差:0.25K未満 ●外形寸法:400W×55H×500Dmm ●質量:8.7kg

関連記事