5.6MHz DSDで録音可能

<CES>ソニー、“ハイレゾロゴ取得”のアナログプレーヤー「PS-HX500」

編集部:風間雄介
2016年01月06日
ソニーは、2016 International CESのプレスカンファレンス開幕前に、ブースの一部を開放。その中で、ハイレゾロゴマークを貼ったアナログプレーヤー「PS-HX500」が出展されていた。発売は春を予定する。価格は未定。本体色はブラックのみ。

ソニーのアナログプレーヤー「PS-HX500」


本機は、アナログレコードを最大5.6MHzのDSDで録音することが可能なアナログプレーヤー。DSDだけでなく、WAVでも録音することができるという。WAVは最大192kHz/24bitとなる。なお、DSDで録音する際には特別なドライバーが必要となる。

本機の概要

ハイレゾロゴマークも貼られている

内部でDSDやWAVに変換したデータは、USBからPCへ出力。PC用の無料アプリ「Hi-Res Audio Recorder」でかんたんに録音や編集ができる、としている。なおPC向けアプリは、WindowsだけでなくOS X用も用意される見込み。

アナログレコードの再生もハイクオリティで行えると同社では主張。新たに開発した、ソニーオリジナルのストレートトーンアームを採用している。

ベルトドライブ型で、アルミダイキャストのプラッターと、5ミリ厚のラバーマットを搭載。フォノイコを内蔵しており、RCA端子から手持ちのアンプなどへ出力することができる。フォノイコはガラスエポキシの回路にマウントされており、制振性を高めている。

背面の端子部

プレスカンファレンスでも「アナログブームに合わせて投入する製品」として紹介された

関連記事