独創的なモノラルパワーアンプ「Ampzilla2000」

2002年06月28日
●スプレッド・スペクトラム・テクノロジーズよりモノラルパワーアンプ「Ampzilla2000」が登場した。取り扱いは潟Gレクトリ。価格は\900,000(2台1組)となっている。

設計者のジェームス・ボンジョルノはSAE、GAS、DYNACOなどを手掛けたこともある腕利きのエンジニア。

モノブロックごとに12個使用した250ワットの出力デバイス、シングルエンド入力に対するアンバランス・バランスコンバーター、2000VAの電源トランス、デュアル整流機能のついた100,000μFの電源フィルターコンデンサーを採用した、独創的なモノラルパワーアンプとなっている。(ホームシアターファイル編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドAmpzilla
  • 型番Ampzilla2000
  • 発売日発売中
  • 価格\900,000(2台1組)
【SPEC】●定格出力:Mono 200W(8Ω/20Hz〜20kHz)、400W(4Ω/20Hz〜20kHz) ●入力インピーダンス/感度:1V R.M.S.(50kΩ/200W/8ΩBalanced),±1V R.M.S.(±70kΩ/200W/8Ωunbalanced)、バランス/アンバランス入力切替スイッチ付属
●周波数特性:8Ω/20Hz〜20kHz(±0.2dB以内)4Ω/20Hz〜20kHz(±0.3dB以内)●定格出力帯域幅:20〜20kHz ●SN比(A加重):−120dB以下(フルパワー時)●電源:100V(50/60Hz)、10A(UL/CSA規格 ●外形寸法:267W×206H×400Dmm ●質量:23.8kg

関連記事