[PR]ロジクール

良い音と装着感はスポーツが鍛えた。 Jaybird「X3 Wireless」を聴き逃すな

レビュー:折原一也/記事構成:編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年08月10日
高い音質と装着感を両立。Jaybirdのワイヤレスイヤホン「Jaybird X3 Wireless」

最近急増しているワイヤレスイヤホン。どれを選んで良いか悩んでいる方も多いはずだ。今回オススメする製品は、米国で高い人気を誇るJaybirdの新モデル「Jaybird X3 Wireless」だ。

「Jaybird X3 Wireless」Jaybird オンラインストア価格:16,880円(税抜)

詳しい方なら、Jaybirdがスポーツ向けイヤホンブランドであることをご存じかもしれない。だがこのブランドの製品は、スポーツを全くしない方にも聞いて欲しい、音楽リスニング用としても実力派製品が揃っているのだ。

5月からロジクール扱いで日本国内で販売されている「Jaybird X3 Wireless」(関連ニュース)は、実売価格16,880円のワイヤレスイヤホンで、音質は後ほどくわしくレビューするが、音楽観賞用として十分以上の能力を備えている。

Alpha(グリーン)カラーの他、Black out(ブラック)、Sparta(ホワイト)、Roadrash(レッド)の全4色をラインナップしている

さらにデザインや取り回し面の作り込みにも優れ、装着感を高めるための装着アクセサリーも充実している。装着感はイヤホンにとって大変重要な要素だが、Jaybirdはスポーツという過酷な環境でも優れた装着性を発揮するよう、長年にわたって工夫を凝らしている。

つまり「Jaybird X3 Wireless」は、スポーツ向けの性能を突き詰めていったら、イヤホンに求められる音質や装着性などを高い次元で実現してしまった製品と言えるのだ。今回は本機をスポーツイヤホンというだけでなく、Bluetoothイヤホン全般の中での立ち位置も含めてレビューしていこう。

様々な工夫がBluetoothイヤホンとしての優秀さを際立たせる

Jaybird X3 Wirelessの基本的なプロフィールは、今急増しているBluetooth接続のワイヤレスイヤホンと同様だ。Alpha(グリーン)カラーの実機を前にしてみると、シンプルながらガジェットとして持ち歩きたくなるデザイン性の良さを感じる。周波数特性は20Hz〜20kHzをカバーする。

デザイン性も高く、フラットケーブルで取り回しもしやすい

同じカラーで統一されたフラットケーブルで左右を繋いでおり、外見の良さと取り回しのしやすさも兼ね備えている。ケーブル右側の途中にある3ボタンのリモコンも、薄型で丸みを帯びた造形で、細部までよく作り込まれている。

イヤホンの筐体は若干大柄ではあるが耳へのフィット感も良く、二重の疎水性ナノコーティングと繋ぎ目の締まった新設計が施されており、雨や汗に強い防水性能を備えている。こうした作り込みはスポーツイヤホンらしい利点だ。

二重の疎水性ナノコーティングと繋ぎ目の締まった新設計を採用

ケーブルは付属の「コード管理用クリップ」で長さ調節が可能

ワイヤレスまわりは、Bluetoothはバージョン4.1のマルチポイント対応で、2台のBluetoothデバイスと同時ペアリングが可能。実際のペアリング操作はイヤホン真ん中の電源ボタンの4秒長押しのみで、ワイヤレスイヤホン経験者ならマニュアルを開くことなくスマホとのペアリングを完了させることができるだろう。

音楽リスニングの前にもう一つ触れておきたいのが、充電・バッテリー周りの仕様。Jaybird X3 Wireless本体には充電用のMicroUSB端子はなく、付属のUSB充電ケーブル/充電用クリップにはめ込むような形でバッテリーを充電する。イヤホンのリモコン部を充電用クリップに取り付けてチャージできる仕様は、防水性能を備えた本機として安心できる。連続再生時間は最大8時間。通常充電の時間は約2.5時間で、20分の急速充電でも1時間の連続再生が可能だ。

付属のUSB充電ケーブル/充電用クリップを使って、本体のリモコン部と接続させて充電

充電時には、USB充電ケーブル/充電用クリップにはめ込むようなかたちで装着

充実のイヤーチップやフィンで高い装着感を実現

前のページ 1 2 3 次のページ