オーディオテクニカ「ATH-BT08NC」を使ってみた

音楽だけじゃなくスキルアップも!ノイキャン&ワイヤレスイヤホンで新生活をさらに充実

高橋 敦

前のページ 1 2 次のページ

2017年04月24日
新生活にノイキャン&ワイヤレスがおすすめな理由

新生活開始から数週間。新入学生や新社会人の方も新しい毎日のペースに少し慣れてきたころだろうか。

新生活、そろそろ慣れてきましたか?

そして月末には初バイト代や初給料!という方もいらっしゃることだろう。せっかくだからその資金、この新しい生活を今後より快適で充実したものにできる、そんなアイテムに使いたい。その選択肢のひとつとして提案したいのが「ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン」だ。

もちろんイヤホンだから音楽を聴くときの音のよさがメイン。ちょっと奮発したお値段のものは音楽の聴こえ方がぜんぜん違う。

そしてそこに「ワイヤレス」「ノイズキャンセリング」という機能が加わるとそれは、音楽をよい音で聴けるだけのアイテムではなくなる。ワイヤレスによる「いつでも身軽に」とノイズキャンセリングによる「どこでも静かに」が、あなたの生活を少し変えてくれるかもしれないのだ。

今回はAudio-Technica「ATH-BT08NC」というモデルを例に「ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホンのある生活」をシミュレーションしてみよう。

オーディオテクニカ「ATH-BT08NC」でノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホンのある生活をシミュレーション!


うるさくなくて疲れない通勤通学を

まずは普通に通学や通勤。学校や職場が変わってこの春から満員電車にうんざりしている方もいるかもしれない。

電車が混んでくると、思っていたよりちょっと邪魔になるのがイヤホンのケーブル。たまにだが他の人の荷物に引っかかってしまったりして「あ、すいません」なんてこともあるのだ。それにもうすぐ梅雨。傘が増えてくるとケーブルのうっとおしさはさらに増す。気を付けていればだいじょうぶだがずっと気を付けていると気疲れする

そして電車内といえばやっぱり厄介なのは騒音だ。走行音もそうだし、これから夏を迎えるとエアコンの騒音も相当なもの。騒音自体でも耳が疲れるし、その騒音に負けじと音楽の音量を上げたら耳はさらに疲れる。

学校や仕事に行くのに疲れる。学校や仕事で疲れる。学校や仕事で疲れて帰るのにまた疲れる。これは悲しい。

ここでATH-BT08NCのようなワイヤレス&ノイズキャンセリングイヤホンの出番だ。ケーブル引っかかりません。ケーブルないんで。騒音や大音量で疲れません。ノイズキャンセルするんで。

ワイヤレスだからケーブルがひっかかることナシ。ノイズキャンセルだから周りの騒音も気にならない

ワイヤレスはスマートフォンとのBluetooth無線接続で実現。実際やはり身軽だ。特にATH-BT08NCは「ウェアラブルネックバンドデザイン」を採用しており、イヤホンを耳から外したときでも落ち着きがいいし、ネックバンド先端の良いポジションにリモコンボタンとマイクが設置されていて、操作や通話もしやすい。

ウェアラブルネックバンドデザインなので着けたときも外したときも快適


操作部(左手側)にはノイズキャンセリング機能のON/OFFスイッチを用意

内側には音量調整ボタンや、通話切り換えボタンを用意。天面のボタンは電源ボタン
ノイズキャンセリングも快適。騒音を完全に消し去るわけではないが、特に耳を疲れさせる電車の走行と空調のゴォーッ!という低い帯域の音を綺麗にカット。ザーという軽い騒音に変えてくれるので音量を下げて音楽を聴くことができた。

イヤホンの外側にノイズ集音マイクを搭載し、その音を解析してノイズキャンセリングを行う、「フィードフォワード方式」ノイズキャンセリングの効果は十分だ。

イヤホン部に設けられたマイクで騒音を集め、解析処理。最大90%の環境騒音を低減

嬉しいのは、ワイヤレスとノイズキャンセリングというどちらもバッテリーを消費する機能を同時利用しても最大8時間の連続利用が可能というところ。ノイズキャンセルは使わずワイヤレスのみなら13時間まで延びる。

最近は左右のイヤホンの間もワイヤレスな完全ワイヤレスイヤホンが登場してきているが、連続再生時間の面ではネックバンド型が有利だ。自分の通勤通学の往復時間なども計算して選択してほしい。


ノイズキャンセリングはスキルアップにも効果アリ?

前のページ 1 2 次のページ