ハードはポータブルとデスクトップを規格化

ラズパイオーディオ規格統一へ。「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」設立、人気メーカーなど8社が参画

編集部:風間雄介
2017年02月28日
オトトイ、共立電子、サエクコマース、ティアック、トップウイングサイバーサウンドグループ、バリュートレード、ブライトーン、ラックスマン(五十音順)の8社は、「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」を設立することで合意した。

「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」に参加する8社

同コンソーシアムでは、Raspberry Pi(ラズペリーパイ、通称ラズパイ)などワンボードコンピュータをコアにした新しいオーディオプラットフォームの規格策定を進める。

当サイト「ラズパイオーディオ通信」でもおなじみ、IT / A&Vコラムニスト 海上忍氏が、同コンソーシアムの設立を提案した。

IT / A&Vコラムニスト 海上忍氏

海上氏は「ワンボードコンピュータをオーディオ機器のコアに据えることは、決して突飛な発想ではない。コンピュータ的要素との棲み分け・役割分担を定め『官能性が求められる音質設計の領分』が明確になれば、オーディオメーカーが追求してきた音に関する知見の継承・発展も見えてくるはず 」とコメントしている。

また同氏は、「外部配線では利用が難しい『I2S(Inter-IC Sound)』で内部コンポーネント間を接続できるなど、他のプラットフォームにはない音質上のメリットも期待できる」とそのメリットをアピールしている。

さて、同コンソーシアムが規格策定するのは、ハードとソフトの2分野だ。

ハード規格はポータブル「π-A1」とデスクトップ型「π-L1」

ハードでは、当初はラズパイを使い、ヘッドホン使用に適したポータブル型の「π-A1」と、デスクトップ型の「π-L1」の2つのプラットフォームを定義する。どちらも一部を交換したり、アップグレード可能な設計とし、ユーザーにシステムを「育てる」要素を提供したいとしている。

ヘッドホン使用に適したポータブル型の「π-A1」

デスクトップ型の「π-L1」

なおソフトウェア資産が豊富なことからラズパイを採用するが、将来的に、ほかのアーキテクチャに対応することも視野に、オーディオ系回路と明確に分離する。

具体的には、ポータブル規格の「π-A1」は、Raspberry Pi2 Model B/3 Model Bに、寸法がHAT規格互換の拡張ボードを装着したシステムを格納できるケースを定義。またボードごとに異なる端子に適合するよう、前面・側面の一部を交換可能なパネルとする。

またデスクトップ規格では、Compute Module 3を搭載するベース基板を用意する。DACやアンプ、ディスクドライブなどオーディオとは内部配線で接続する。オーディオ領域の一部は寸法・仕様を規格化し、交換可能とする。フロントパネルとの接続や制御方法についても定義する。

ソフトウェアは将来的に独自実装も検討

ソフトウェア規格は、当面は既存のLinuxディストリビューションを活用するが、今後は、「カーネル/ライブラリやサウンドシステム、コーデックなど共用可能な基礎部分は継承しつつ、独自の実装を検討」すると説明。「音質に直接影響しない部分でオープンソースソフトウェアを活用し、改良可能なインフラとすることで、開発資源の効率化も目指す」とも説明している。

年央までに一般社団法人としての登記も予定

同コンソーシアムは、2017年半ば頃をめどに、一般社団法人としての登記を予定している。正式発足後は、ワーキンググループ単位での規格策定・見直し作業に加え、互換性/動作確認を行った製品に対するロゴマークの付与を行い、エンドユーザーが安心して利用できる環境を整備する、としている。

なお、コンソーシアムへの加盟も随時受け付ける。当面はHi-Fiオーディオ機器の開発・販売を業務として継続してきた法人(当面は国内企業)、オーディオ・音響分野の研究組織、レコード会社・レーベル、音楽ストアに限って受け付ける。

【問い合わせ先】
info@1baudio.net

関連記事