オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
MONOIII」と「AMPII-MK3」

ACCUSTIC ARTSから大型パワーアンプ2機種。ダンピングファクターの直線化機能を搭載

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2016年08月18日
ドイツのハイエンドブランドであるACCUSTIC ARTSから、ステレオ・パワーアンプ「AMPII-MK3」(1,850,000円、税別)とモノラル・パワーアンプ「MONOIII」(3,800,000円/ペア、税別)が発売された。6月に当サイトのニュースで取り上げた製品がいよいよ発売となった格好だ。

両機とも、今年のミュンヘン・ハイエンド・ショウで発表され、話題を集めたモデルである。取り扱いは、ハイ・ファイ・ジャパン。

両モデルには「ダンピングファクター直線化機能」という新技術が導入されている。


AMPII-MK3
理論上は、アンプのダンピングファクターが高いほどスピーカーの制動力が高まり、音質も優れているとされる。ACCUSTIC ARTSは、実際の問題として、ダンピングファクターはスピーカーにとって最適な範囲にあるべきであり、可能な限り周波数帯全体を通じて均一でなければいけない、との観点から上記新技術を開発。両モデルに投入している。


MONOIII
両機のリアパネルには「DAMPING CONTROL」スイッチが設けられており、このスイッチを入れることで、ダンピングファクターが直線化される。

AMPII-MK3は、同ブランド設立以来の主力機であるAMPIIの第3世代モデル。ACCUSTIC ARTSの最上位シリーズであるREFERENCE SERIESのステレオ・パワーアンプである。デュアルモノ構成の回路を採用。電源部には1,100VAのトロイダル・トランスを2基搭載する。出力段はMOS FETを片チャンネル当たり12個使用し、275W/ch(8Ω)の出力を確保している。

MONO IIIはREFERENCE SERIESのフラッグシップ機となるモノラル・パワーアンプ。外観はAMPII-MK3とほぼ同じであるが、出力段にはMOS FETが24個使用され、電源トランスは1,600VAのトロイダル型を2基搭載。8Ωで600Wの大出力を獲得している。

8月20日発売の『季刊・オーディオアクセサリー 162号』では、両機の詳細な試聴レポートを掲載している。

関連記事