コンセプトはデジタルとアナログの融合

CAVジャパン、iPod対応フル真空管コンポ“VAZIO"「T-3」「T-2」を発売

Phile-web編集部
2009年10月26日
CAVジャパン(株)は、iPod対応フル真空管オーディオシステムの新ブランド“VAZIO(ヴァッジオ)”より、「T-3」「T-2」の2機種3モデルを11月13日より順次発売する。

T-3
 <ブラウン>T-3-BR ¥106,050(税込) 11月下旬発売
 <ホワイト>T-3-WH ¥111,300(税込) 11月下旬発売
T-2 ¥81,900(税込) 11月13日発売


T-3-BR

T-3-WH


T-2
ポルトガル語で「真空」という意味の“VAZIO”は、デジタルとアナログの融合をコンセプトに開発されたハイコンポの新ブランド。第1弾として発売される「T-3」「T-2」は、フル真空管アンプを搭載し、iPodのデジタル音源を真空管ならではのあたたかみのあるサウンドで楽しむことができる。

9月発売のiPod nano、iPod touch最新モデルの再生にも対応する。対応iPodは、iPod(オリジナル〜第5世代)/iPod mini/iPod photo/iPod with color display/iPod nano(第1〜第5世代)/iPod classic/iPod touch(第1〜第3世代)となる。

プッシュプル回路採用の「T-3」

「T-3」は、リアルウッドの木目が印象的なブラウン(T-3-BR)と、ピアノタッチ鏡面仕上げで洗練されたイメージを与えるホワイト(T-3-WH)の2機種の仕上げを用意。

T-3-BR

T-3-WH

同梱された外付けiPodドックを本体に接続して使用する。真空管は初段に12AX7を2本、出力段に6V6を4本使用したプッシュプル回路を採用。アンプの定格出力は10W+10Wで、小量再生時でもふくよかなサウンドを実現するという。6V6には放熱効果のあるカーボン・コートを施し、耐久性を高めている。またヘッドホンアンプとしての使用も可能で、フロントパネルにヘッドホン端子を用意し、専用の双3極管12AU7が配置されている。

入力インピーダンスは100kΩ、負荷インピーダンスは6Ω、SN比は84dB、定格入力感度は770mV、消費電力は105W。リアパネルにRCA入力を3系統装備しており、CDプレーヤーやDVDプレーヤー等の接続も行える。なおT-3専用のCDプレーヤーを現在企画中で2010年に発売を予定しているという。

中央にヘッドホンアンプ専用の双3極管12AU7を1本搭載している


アンプの背面端子部

スピーカーターミナル部

突き板仕上げのスピーカーは、114mmのウーファーと30mmのトゥイーターを採用したブックシェルフ型。アンプに最適なチューニングが施されている。大型ターミナル直出し構造のターミナル部はバナナプラグの使用も可能で、バイワイヤリングにも対応する。

インピーダンスは6Ω、再生周波数帯域は60〜30kHz、最大出力は20W、出力音圧レベルは85dBとなる。

シングル回路採用の「T-2」

T-2

「T-2」のフル真空管アンプは、初段に12AX7を2本、出力段にEL-84を2本採用したシングル回路を採用する。T-2では筐体にiPodドックが装備されており、デジタルからアナログへの変換を最短経路で実現し、信号の劣化を抑えた設計になっている。リアパネルにはT-3と同様にRCA入力を3系統装備する。

アンプの定格出力は3W+3W、入力インピーダンスは100kΩ、負荷インピーダンスは6Ω、SN比は80dB、定格入力感度は400mV、消費電力は60W。仕上げはアルミ材を採用し、インテリア性を高めているほか、スピーカーのキャビネットにも用いることでクリアで抜けの良いサウンドを実現したとしている。

仕上げにはアルミ材を採用した

T-2の背面端子部

スピーカーはユニットに114mmのウーファーと25mmのトゥイーターを採用。インピーダンスは6Ω、再生周波数帯域は60Hz〜20kHz、最大入力は20W、出力音圧レベルは84dB。

「T-3」「T-2」ともにリモコンを付属。楽曲の再生/停止、巻き戻し/早送りといった基本操作に加え、音量調整やメニュー階層の移動、リピート機能などの多様なiPodの操作を行える。

真空管プリメインアンプ「T-6」が参考出展

本日開催されたVAZIO発表会の会場では、同社の真空管プリメイン「T-88」の兄弟機という位置付けの「T-6」が参考出展されていた。本機はVAZIOシリーズの製品ではなく、アンプ単品で販売されるモデル。年内での発売を予定し、価格は未定。

年内発売予定のT-6

側面からみたところ

「T-88」の基本的な内部構造を踏襲しながら、出力管をKT-88からEL-34へと変更させてている。また外観も大幅にブラッシュアップを図り、デザイン性の高い仕上がりとなっている。

アナログとデジタルの融合を図った新コンセプトモデル“VAZIO"

新ブランド“VAZIO”は、同社が保有する真空管などのアナログ技術と、6月より順次発売されているブタやパンダの外観が特徴のiPodスピーカー「IPIGLETシリーズ」(製品データベース)に代表されるデジタルオーディオの融合をコンセプトに開発された。

高橋 和哉氏

製品紹介を行った同社 事業企画部 部長の高橋 和哉氏は「ホーム用オーディオ機器は高級オーディオと安価な製品という2極化が進んできたが、音楽が好き、音楽をいい音で聴きたいというニーズは時代を超えて常に存在する。家で音楽を聴きたくなる製品、家で積極的に置きたくなる製品とはどのようなものか、ということを考え、今の時代のライフタイルに合う製品を開発した」とその開発に至った背景を説明。真空管のあたたかく長時間聴いていても疲れないサウンド、手軽さ、インテリア性の高い外観デザインといった同ブランドの特徴を紹介した。

CAVジャパンが東南アジアに本格進出


ピュアオーディオを中心に展開していたCAVジャパン

2009年からはiPodオーディオも手掛けている
中国・広州のオーディオメーカーCAVを母体とし、2006年10月に設立されたCAVジャパン。中国本社の製品を輸入・販売する業務だけでなく、2008年からはCAVジャパンが企画設計を手掛けたオリジナル製品を精力的に投入している(CAVジャパンの製品ラインナップはこちら)。

発表会には同社代表取締役社長の法月利彦氏も出席し、挨拶を行った。

法月利彦氏

“VAZIO"について「真空管を知らない今の若い人たちには“新しい"製品として映り、私のような世代には、憧れの真空管を手軽に楽しめる製品として使用していただける」と説明。販売目標は今回発表された3モデル合計で月間3,000台となる。

またCAVジャパン企画の製品としてBluetooth対応モデルを今後投入していくことを紹介し、「次の“VAZIO”ではBluetooth対応モデルをラインナップしていく。若い人たちが音質に関心を持つような試みを行い、日本のオーディオ業界に風穴をあけていきたい」と意気込みを語った。

スピーチの中では、CAVの海外マーケティングの新たな取り組みとして、CAVインターナショナルを先月香港で立ち上げ、来月から活動を開始する予定であることも明かされた。活動エリアは「当面はシンガポールまでのASEAN諸国が中心だが、今後はインド、中東まで拡大していく予定」だという。CAVインターナショナルでは今後、「T-2」「T-3」を含むCAVジャパン企画製品を積極的に国外で展開していく。

【問い合わせ先】
CAVジャパン(株)
TEL/03-5850-6800
新着記事を見る
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドCAV
  • 型番T-2
  • 発売日2009年11月13日
  • 価格¥81,900(税込)
<アンプ部>●定格出力:3W+3W ●再生周波数帯域:20〜20000Hz ●入力インピータンス:100KΩ ●負荷インピータンス:6Ω ●S/N比:80dB(IHF) ●定格入力感度:400mV ●歪率:≦2%(THD) ●電源:AC100V(50/60Hz) ●消費電力:≦60W ●外形寸法:W260×D236×H165mm ●質量:8.5kg ●使用真空管:EL84×2、12AX7×2 <スピーカー部>●ユニット:25mmトゥイーター、114mmウーファー ●インピータンス:6Ω ●再生周波数帯域:60〜20000Hz ●最大入力:20W ●出力音圧レベル:84dB ●外形寸法:W138×D268×H228mm ●質量:8.04kg(ペア)
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドCAV
  • 型番T-3-BR
  • 発売日2009年11月下旬
  • 価格¥106,050(税込)
<アンプ部>●定格出力:10W+10W ●再生周波数帯域:15〜35000Hz ●入力インピータンス:100KΩ ●負荷インピータンス:6Ω ●S/N比:84dB(IHF) ●定格入力感度:770mV ●歪率:≦2%(THD) ●電源:AC100V(50/60Hz) ●消費電力:≦105W ●外形寸法:W213×D286×H166mm ●質量:10.5kg ●使用真空管:6V6×4、12AX7×2、12AU7×1 <スピーカー部>●ユニット:ツィーター/30mm×1、ウーファー/114mm×1 ●インピータンス:6Ω ●再生周波数帯域:60〜30000Hz ●最大入力:20W ●出力音圧レベル:85dB ●外形寸法:W158×D309×H259mm ●質量:8.9kg(ペア)
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドCAV
  • 型番T-3-WH
  • 発売日2009年11月下旬
  • 価格¥81,900(税込)
<アンプ部>●定格出力:10W+10W ●再生周波数帯域:15〜35000Hz ●入力インピータンス:100KΩ ●負荷インピータンス:6Ω ●S/N比:84dB(IHF) ●定格入力感度:770mV ●歪率:≦2%(THD) ●電源:AC100V(50/60Hz) ●消費電力:≦105W ●外形寸法:W213×D286×H166mm ●質量:10.5kg ●使用真空管:6V6×4、12AX7×2、12AU7×1 <スピーカー部>●ユニット:ツィーター/30mm×1、ウーファー/114mm×1 ●インピータンス:6Ω ●再生周波数帯域:60〜30000Hz ●最大入力:20W ●出力音圧レベル:85dB ●外形寸法:W158×D309×H259mm ●質量:8.9kg(ペア)

関連記事