HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

[PR] 2人の評論家とシャープが対談

8K時代がやってくる! シャープが開発をリード、8K超高精細映像の “凄さ” とは?

構成:ファイルウェブ編集部

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2017年07月18日
画質の進化の本流に「8K」がある。2018年の年末には、4Kだけでなく8Kの実用放送も始まる予定だ。4Kで高精細化はもう十分と考えている方もいるかもしれないが、二人のAV評論家、鴻池賢三氏と海上忍氏は、8K映像には4Kを超える感動があると口を揃える。

その8Kを経営の柱に据えているのがシャープ。2011年に世界初の8Kディスプレイを開発した同社は、2015年に85型の業務用8Kモニター「LV-85001」を商品化した。そして先月末には70型の業務用8Kモニター「LV-70002」を発売し、8K開発をリードしている(シャープの8K特設サイトはこちら)。同社8K開発のキーマンと鴻池氏、海上氏の対談をお届けする。

左から鴻池賢三氏、海上忍氏、シャープ(株)ディスプレイデバイスカンパニー デジタル情報家電事業本部 国内事業部 8K推進部長 高吉秀一氏、同ディスプレイデバイスカンパニー デジタル情報家電事業本部 栃木開発センター 第二開発部 係長 下田裕紀氏

8Kの映像美に驚嘆。マニアだけではなく普通の人でも違いがわかる

高吉まずは今回販売を開始した8Kモニター「LV-70002」で、我々が作った8K映像のデモコンテンツと、いま試験放送中の8K放送をご覧頂きます。

鴻池うーん…。これはすごいなあ。8K映像を見てまず思うのは、奥行きというか、空気感のようなものまで感じられることです。本当に4K映像とは別物ですね。

8Kモニター「LV-70002」で8K映像をじっくりと視聴する鴻池氏と海上氏。「静脈まで見える」と8Kの映像美に感心しきりの様子

海上同感です。女性の肌の血管が見えるのは当然として、毛細血管まで見えてしまう。4Kとは比べものにならないほどの迫力があります。

奥行きという意味では、モノの前後感がわかりやすいですね。デモ映像の象が歩いているシーンで、右側に立っている木々のどっちが手前でどっちが奥か、ぱっと見ただけで理解できてしまう。このあたりは8Kの情報量の多さが貢献していると思います。

鴻池映像マニアが意識して近くで見なくても違いが分かるというか。ナチュラルな映像で、長時間見ても疲れにくそうです。

下田8Kにまでなると、無理に解像度をあげなくても、もともとの解像度が高いですし、素直な表現をしたほうが逆にきれいに見えます。

かなり近づいても画素が見えない。この超高解像度が4Kとは異なる体感をもたらす

海上最近はユーザーもスマホで高精細な映像を見慣れています。今回の8Kディスプレイは約130ppiということですが、スマホの解像度を見慣れた方々からすると、よりリアルに感じられると思います。

鴻池「目が肥える」というのは本当にあって、最初は「8Kなんて必要ない」と思っていても、一回見てしまうと元に戻れない。今回、実際に8K映像をじっくり見てみると、趣味のためのマニアックなものというより、普通の人が普通に楽しむための解像度なのだと理解できました。

8Kは「普通の人が普通に楽しむための解像度」と鴻池氏

海上氏は、高精細な映像を見慣れたスマホ世代にも8K映像は受け入れられそうと語る

海上ここまで解像感が高いと撮影も大変でしょう。

高吉そのようですね。カメラを構える方とフォーカスを合わせる方が、別にいらっしゃるようです。パンフォーカスで全体にピントが来ている映像のはずなのに、実は一部ボケていることがわかってしまったり…。

sharp-official
▲シャープ公式サイトで8Kのすべてがわかるスペシャルサイトを公開中!


どのメーカーより早く8Kテレビを投入する

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ