製品データベース

TOP > プリメインアンプ > プリメインアンプ

PM-17SA ver.2

MARANTZ
PM-17SA ver.2

¥120,000(税抜)

発売:2002年10月中旬
このモデルは生産を完了しています
AMAZONで検索

上級モデルの技術を継承してバージョンアップを遂げた定番機

【SPEC】
●入力感度/入力インピーダンス:PHONO(MC) 230μV/100Ω、PHONO(MM) 2.5mV/47kΩ、HIGH LEVEL 220mV/10kΩ、MAIN IN 1.6V/22kΩ ●SN比:PHONO(MC)76dB、PHONO(MM)90dB、HIGH LEVEL 112dB ●入力端子:ライン×4、テープ×1、CD-RまたはMD×1、フォノ×1、メインイン×1 ●出力端子:プリアウト×1、テープ×1、CD-RまたはMD×1、スピーカー×1、ヘッドフォン×1 ●外形寸法:458W×110H×429Dmm ●質量:16.0kg

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート

緻密で明快なタッチな17SA

セパレートのSC-7S1/MA-9S1で開発された高速化技術アブソリュートSAテクノロジーを継承してリファインが施されている。ブルーに輝くウォームアップメーターがその象徴と言える。

17SAはにじみのないパリッとした分析力に緻密な表現性を加えた音調である。ジャズはベースやドラムが明快な輪郭を持ち、ピアノのタッチにも曖昧さがない。ボーイソプラノはさらりとした感触の肌触りで声の純度が高い。声楽はひっそりとした情感が立ち込めて、声の表情を緻密に描き出す。SACDは非常に繊細な質感と分解能の高さを表現する。整理の利いた音場から瑞々しい音楽が流れてくる。爽快な感触である。

17SAはパワーアンプSM-17SA ver.2と組み合わせてバイアンプにするのも効果的な方法だ。比較的シンプルなシステムで小粋に音楽を楽しみたい人に薦めたい。

(text:井上千岳)