トップページへ戻る

ジャンル

カテゴリ

ニュース

HOME > ニュース > AV&ホームシアターニュース

2014年10月27日
dts Japan副社長がコメント

DTS、「DTS Headphone:X」搭載テレビ/PCを'15年に国内展開目指す

ファイル・ウェブ編集部 杉浦みな子
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
DTSは、通常の2chヘッドホン/イヤホンで最大11.1chのサラウンドが楽しめる技術「DTS Headphone:X」を、2015年内を目標にテレビ/PC製品向けに展開予定であることを明らかにした。フジヤエービックが開催するイベント「秋のヘッドフォン祭2014」にて、イベント2日目の26日(日)に会場を訪れたdts Japan 代表取締役副社長 仁戸田 一之氏が語った。

DTS Headphone:X

DTSブースの前にて

DTS Headphone:Xは、通常の2chイヤホン/ヘッドホンを使用して最大11.1chまでのサラウンドを再現できる技術。ユーザー側は、ヘッドホンから音が鳴っているのではなく、あたかも自分の周りに11.1chのスピーカーが置かれているかのように音を感じられることが特徴となる。

イベント会場を訪れた仁戸田氏は、「DTS Headphone:Xは“バーチャル”という単語があてはまらない技術。コンサートホールの音、映画館の音、収録音源そのままの音をヘッドホンで再生することをコンセプトに開発した」とアピール。なお本技術は、コンテンツの音声を11.1chまで拡張するわけではなく、あくまでも“2chヘッドホンを使って最大11.1chまでのコンテンツの自然な再現に対応する”というもの。例えば2chコンテンツを再生した場合は、音声自体はステレオのままだが、自分の目の前に2chスピーカーが設置されているように自然に聴こえる形となる。

今回がヘッドホン祭初出展となるDTSは、同社ブース内にDTS Headphone:Xが体験できるデモルームを展開。同社のホームシアター向け高品位サラウンドフォーマット「DTS Neo:X」と同じ11.1ch環境を構築し、実際にスピーカーを鳴らした本物の11.1chと、ヘッドホンを装着してのDTS Headphone:Xの11.1chを両方体験できるデモンストレーションを実施していた(詳細はこちら)。

DTS Headphone:X再生デモ

DTS Headphone:Xを気に入ったかどうか、ブース入り口で来場者にシールを貼ってもらっていた

なお、現在DTS Headphone:X再生を楽しむ環境としては、スマートフォン/タブレットを使用し、専用アプリ「Music Live Powered by DTS Headphone:X」で配信中の同技術対応コンテンツを、同アプリで再生することで可能だ。

Music Live Powered by DTS Headphone:X

ハードウェア単位でDTS Headphone:X対応機能を搭載したデバイスを使用した場合は、特にDTS Headphone:X用ではない普通のステレオ音声も、DTS Headphone:X再生できる。その場合、上述の通り自分の目の前に2chスピーカーが設置されているかのように聴こえるようになる。国内では未導入だが、中国のViVOブランドからは対応スマホが展開されている。なお、現状ではQualcommのスマホ向けプロセッサー「Snapdragon 800シリーズ」にDTS Headphone:X技術が組み込まれており、本プロセッサーを実装することで、DTS Headphone:X対応のスマホ/タブレット開発が容易に可能な環境が用意されている。

仁戸田氏は、「スマートフォン向けの展開は既にスタートしており、これからも強化していく。一方で、やはりテレビやPC製品へもDTS Headphone:Xを拡充していきたい。2015年にはアジアや欧州などの地域で、テレビおよびPC製品へ展開できるよう取り組んでいる」とコメント。実際にメーカー側との話が進行中で、日本でも、2015年内にDTS Headphone:X搭載のテレビおよびPC製品が登場する可能性があるとのことだった。

DTS Headphone:Xについて紹介する仁戸田 一之氏

そのほかにも、「ゲームの音声はマルチchで収録されているため、DTS Headphone:X再生との親和性は高い」と、以前より技術開発を行っていたゲーム分野への展開も構想中(詳細はこちら)。さらに具体的な製品化は未定だが「ヘッドホンアンプメーカーからもお話を頂いている」とのことで、「もし実現すれば、DTS Headphone:X対応のヘッドホンアンプを使用することで、通常の音楽ファイルを普通の2chヘッドホン/イヤホンを使って高品位に再生できる環境が可能になる」と語った。

また、DTSでは現在、ヘッドホンメーカー向けのチューニングプログラムも提供している。これは、DTS Headphone:Xの再生に最適化した設計をヘッドホン側に行えるサポートプログラム。手持ちのヘッドホン/イヤホンで最大11.1ch再生を体験できることがDTS Headphone:Xの特徴だが、同技術に最適化したヘッドホン/イヤホンを使うことで、より高品位にDTS Headphone:X再生を楽しめるようになる。現在のところSkullcandyやパナソニックなどのブランドが同プラグラムに参加しており、国内でもパナソニック製のモデルが既に発売中。今後、そのほかのメーカーからも登場予定とのことだ。

使用するヘッドホンをアプリから選べば、そのヘッドホンに最適化した音声で再生できる

ヘッドホン/イヤホンおよび再生機器側の対応強化も明らかになったことで、国内で楽しめるDTS Headphone:Xの今後により一層期待が掛かる。

(編集部:杉浦みな子)

関連リンク

関連記事

クローズアップ

アクセスランキング

9/20 9:44 更新
1
今こそ知っておきたい「DAC」の基礎知識(前編) ― その役割や関連用語を解説
2
「iOS 11」無償提供開始。ARやカメラ強化、iPad向け機能を大幅増強
3
Shureから初のBluetoothイヤホン「SE215 Wireless」「SE112 Wireless」。リケーブル「RMCE-BT1」も
4
PS VRが10月14日から5000円値下げ。カメラ同梱版が44980円に
5
音にこだわった液晶テレビ、オリオン電機「極音」の実力とは? 他社製品と比較試聴した
6
シャープ「8Kアクオス」の魅力を開発者とクリエーターが熱く語る。「8K時代への流れは想定以上の速さ」
7
「Shureが本当にワイヤレスイヤホンを作るべきか?」議論の末に誕生、BTイヤホン開発の裏側
8
“日本一小さな映画館”「チュプキ」にAVファンが注目すべき理由
9
AUDIO NOTE「GE-10」を聴く ― “天上的に美しい音楽”を奏でる最高峰フォノイコライザー
10
【製品批評】ソナス・ファベールの“新たな伝統” ― 「Homage Tradition」を聴く