ウーファーを802 D3からさらに進化させた

【製品批評】B&W「800 D3」 ー 50周年記念モデルとして頂点を極めた旗艦スピーカー

角田郁雄
2017年08月04日
製品批評


スピーカーシステム
B&W
800 D3
ローズナット=¥2,125,000(1本・税抜)
ピアノ・ブラック=¥2,250,000(1本・税抜)



50周年記念モデルとして頂点を極めたフラグシップスピーカー

B&Wの800 D3シリーズの最上位モデル「800 D3」は、同社の創業50周年記念モデルとして2016年に登場した。800 D3は、先行して登場した「802 D3」をスケールアップしただけでなく、そこからの進化さえ実現している。

まずは802 D3と共通する点を確認する。鮮度が高く澄み切った25mmダイヤモンド・トゥイーターは、アルミ無垢材を切削したテーパー状のソリッド・ボディに収められ、不要振動は皆無。長らくB&Wの象徴となっていたミッドレンジのケブラーコーンは、さらに色づけをなくした150mmコンティニュアム・コーンに変更された。

樹脂製のマーランヘッドも、より硬度の高いアルミ製のタービンヘッドと更新。実際に音量を上げて再生してもタービンヘッドの振動は皆無で、中域の解像度が飛躍的に高まった。ダイヤモンド・トゥイーターとも音色がそろい、中高域がまさに一点から放射される。

ウーファー・ユニットは、振幅による剛性を高めて振動板の歪みを低減するために、均一な厚さにせず厚みを連続的に変えたエアロフォイルコーン形状となった。このウーファーが、800 D3ではさらなる進化を遂げた。

エアロフォイル・コーン・ベースは、口径が802 D3が200mmなのに対して、800 D3は250mmへとスケールアップ。さらにセンターキャップや磁気回路、サスペンション、コーンを支えるダンパーなどが大幅に改良されている

800D3ではウーファーの250mm径と大型化しただけでなく、センターキャップの形状も802 D3から変更。駆動系についても、磁気回路およびサスペンションに改良が加えられた。結果、802 D3のウーファーよりも2次高調波を10dB、3次高調波を20dB低減。最低域再生でも歪みを極小として、より透明度の高い低域再生を可能とした。

サイズは802 D3と比較しても大きくなったが、幅/奥行きがそれぞれ23mm/28mm増、質量は1.5kg増と扱いやすさも考慮して大幅にはアップしていない。質量増を抑えられたのは台座の変更によるところが大きい。802 D3の亜鉛アルミ合金だった台座は、800 D3では無垢のアルミ製へと変更。台座の全面に特定の共振周波数を打ち消すダンピング材が施された。ネットワーク回路もより高品位化され、ミッドレンジのローカットフィルターには新たにムンドルフのM-Cap Supreme Oilコンデンサーが採用された。

ベース部も802 D3から大幅に変更された部分。802 D3が亜鉛アルミ合金製であったのに対し、800 D3では通常のアルミ合金を用いて軽量化。さらに台座の全面に特定の共振周波数を打ち消すダンピング材であるTMD(チューンマスダンパー)を施している

そのサウンドは、802 D3と比較すると明らかに中低域の量感が増し、ピラミッド型バランスの再生へと進化。交響曲のオルガンを聴くと驚くほどの音圧を示す一方で、不要振動が排除されているので低域の透明度も高い。

そして全帯域でのカラーレーションと歪みが抑えられたので、さらに空間性が高まり、奏者や歌い手が鮮明に音場に定位する。スピーカーの背後には奥行き深い空間が広がり、どんなジャンルを再生しても音源に内包する音を全て出し切っているような感覚が得られる。だからこそ、同時に自分のシステムの音を良くも悪くもストレートに表してしまう。800 D3は、長く愛用でき、かつオーディオ的にも取り組み甲斐のあるモデルである。

(角田郁雄)

Specifications
●形式:3ウェイ・バスレフ型●ドライブ・ユニット:1×25mmダイヤモンド・ドーム・トゥイーター、1×150mmコンティニュアム・コーンFSTミッドレンジ、2×250mmエアロフォイル・コーン・ベース ●周波数レンジ:13Hz〜35kHz ●周波数レスポンス:15Hz〜28kHz(基準軸に対し±3dB) ●感度(軸上2.83Vrms):90dB ●高調波歪:2次及び3次高調波(90dB軸上1m)<1% 50Hz〜20kHz、<0.3% 70Hz〜20kHz ●公称インピーダンス:8Ω(最低3.0Ω) ●外形寸法:413W×1217H×611Dmm ●質量:96kg ●仕上げ:キャビネット=ローズナットorグロス・ブラック、グリル=ブラック ●取り扱い:(株)ディーアンドエムホールディングス


※本記事は「季刊オーディオアクセサリー」164号所収記事の一部を抜粋したものです。くわしいレビューは雑誌でご覧頂けます。購入はこちらから