【特別企画】ケーブルやインシュレーターを交換

話題のOPPO「Sonica DAC」を遊びつくす! アクセサリーで音質グレードアップに挑戦

逆木 一

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年07月19日
数ヶ月前、筆者はOPPO「Sonica DAC」を自腹で購入した。Sonica DACについては詳細が明らかになって以降、この価格でESSの旗艦DACチップ「ES9038PRO」を搭載したことや11.2MHz DSDを含む最新フォーマットをカバーしている点などそに注目していて、発売日が決まる前から販売店に予約していたのだ。製品が自宅に届くと、いつものように自前のブログにレビュー記事をアップした。すると、ブログを読んだPHILE WEBの編集者から連絡が来た。

USB-DAC/ネットワークプレーヤー OPPO「Sonica DAC」

「Sonica DACを取材で使った経験からすると、ケーブルの交換やアクセサリーの追加でもっと音が追い込めると思うのですが、逆木さんの自宅の環境で試してみませんか? うちは『季刊オーディオアクセサリー誌』もやっていますし、値段も手ごろなものを用意するので、ぜひ検証してみてください」。



Sonica DACの音については、卓越した解像感をはじめ、価格帯におけるトップクラスのモデルとして非常に高く評価していた。しかし、響きや空気感についてはまだまだ追い込めるのではないかという気がしていたので、この編集者の提案を受けることにした。

後日、以下の写真のようなケーブルやアクセサリー類が自宅に送られてきた。



■ラインケーブル
 SAEC「SL-1980」¥21,000(税抜)/1.2m(RCA)
 SAEC「XR-3000」¥32,000(税抜)/1.2m(XLR)

■USBケーブル
 AudioQuest「USB Carbon」¥16,000(税抜)/1.5m

■インシュレーター
 KRIPTON「IS-10」¥8,000(税抜)/4個
 KRIPTON「IS-HR3」¥24,000(税抜)/4個

■電源ケーブル
 ゾノトーン「6NPS-3.0 Meister」¥13,900(税抜)/1.5m

■仮想アース
 光城精工「Force bar EP」¥28,000(税抜)



ちなみにラインケーブルについては、


逆木「うちは接続にXLRバランスケーブル使ってますよ。聴き比べたわけじゃないですが、Sonica DACは堂々とフルバランス構成という点を謳ってますし、こっちのほうが性能出るんじゃないですかね?」

編集者「でもSonica DACは価格的に、RCAアンバランス出力を使っている方も大勢いると思うので、ためしにアンバランスも使ってみてください」

逆木「あー……なるほど、そうですか、やってみます」



という顛末がある。

ケーブルで音が変わるのは当然としても・・・

あらかじめ言っておくと、筆者はオーディオケーブルやアクセサリーにそれほどこだわってこなかった。もちろんそれらの効果については重々承知しているが、予算内での優先順位がそれほど高くなかったということだ。それなりの金額を投資したケーブルと言えば、個人的に思い入れのあるAudioQuest社のスピーカーケーブルとLANケーブルくらいで、それ以外のケーブルはいずれもベーシックな製品を使用している。

オーディオシステムにおけるケーブルの重要性に異論を挟むつもりはないし、筆者もオーディオファイルの端くれとして、ケーブルで音が変わるという体験は数えればきりがない。一方で、幸か不幸か筆者は「ハイエンドケーブルでなければ機器の真価を発揮させることはできない」などという思想に染まっていないので、現状でも出てくる音に、特にケーブルに起因する不満は抱いていない。

Sonica DACと今回組み合わせたケーブルやアクセサリー

インシュレーターに関して言えば、学生時代にスピーカーの足元を付属のゴムからスパイク&スパイク受けに換えたら出てくる音が激変したという体験と実感を得て以来、その重要性は重々承知しているつもりだ。

というわけで、「Sonica DAC」と様々なアクセサリーを組み合わせ、その音の違いを探ってみることにした。

ケーブルやインシュレーターの組合せで音はどれだけ変わるのか?

前のページ 1 2 3 次のページ