B&O PLAY「A9」レビュー − 設置した空間に清々しい空気を運んでくれるオールインワンシステム

中林直樹
2014年04月30日

初見でこれをオーディオコンポーネントだと言い当てられる人はいったいどれほどいるだろう。直径70cmの円盤型。しかもワンボディ。3本の木製スタンドで自立させたり、壁に掛けたりしてセッティングする。本体上部の裏側にはタッチセンサーが採用され、指をなぞるように動かせば、ボリュームのアップダウンやミュートが行える。さらに、オプションでブラックやブラウン、シルバーといったカバーも8色用意。また、木製スタンドもメープル、ビーチ、オーク、ウォルナットのいずれかをチョイスできるという徹底ぶりだ。

B&O PLAY「A9」

そんなシンプルでインテリアに溶け込むような設計思想は本機のフォルムだけに宿るものではない。AirPlayを活用した、ワイヤレス機能の搭載もまた、普段の生活と音楽再生とを馴染ませるための重要なフィーチャーだ。また、DLNAにも準拠し、ネットワークオーディオシステムも構築できる。他に、iPhoneやiPadとの接続が可能なUSBポートや、アナログ入力端子も備える。

背面トップにはタッチセンサーを備え、音量調整などが可能

ケーブルを接続しても美しく取り回せるよう、細部まで配慮されている

スピーカーユニットの構成は8インチのウーファーが1基、3インチのミッドレンジが2基、3/4インチトゥイーターが2基。それらを個別のアンプがドライブする。設置場所によってサウンドを最適化する機能も搭載。背面のスイッチで「フリー」「ウォール」「コーナー」が選択できる。

壁掛けにも対応する

ネットワークの設定は、同社が無料で配布しているアプリ「BeoSetup」を使えば簡単に行える。こんな配慮も嬉しい。

無料アプリ「BeoSetup」でネットワーク設定を分かりやすくサポートしてくれる

手持ちのiPhoneを使ってBECKの最新作『モーニング・フェイズ』を再生した。その音はこれまでの2つのスピーカーと対峙して聴くというこれまでのオーディオとは一線を画すものだ。一つの大きな面からふわりと部屋中に音楽が広がる。にも関わらず、ボーカルが曖昧にならない。低域はしっかりと鳴り、コーラスには厚みがあるが、全体的にはドライ。設置した空間に清々しい空気を運んでくる、そんな印象を受けた。



A9  Product Data
・価格:¥220,000(税抜)
・スピーカー構成:
  8インチウーファーーx 1、3インチミッドレンジ x 2、3/4インチトゥイーター x 2
・アンプ:
  160WクラスDバスアンプ x 1、80WクラスDミッドレンジアンプ x 2、
  80WクラスDトレブルアンプ x 2

・外形寸法:700W x 910H x 410Dmm(木製スタンド設置時)
・質量:約14.5 kg(木製スタンドあり)