一条真人の体当たり実験室

アニメDVDを一番高画質に再生できるのは? − PS3とパナ「BW880」、ソニー「EX200」で比較検証

一条真人

前のページ 1 2 次のページ

2010年03月15日
最近、アニメモードを搭載したレコーダーやテレビが増えている。直近では、パナソニックの新ブルーレイDIGAが、超解像技術やアニメモードの搭載によって、DVDアニメのアプコン再生クオリティを引き上げたとアピールしている。

今回はブルーレイDIGAの中核モデルであるパナソニック「DMR-BW880」をメインに、DVDアプコン再生の高画質さでは定評のあるPS3、そして「アニメ・CGリマスター」機能を先行して搭載したソニー「BDZ-EX200」の3台で、DVDアニメ再生の品位を比較してみた。

パナソニック「DMR-BW880」

ソニー「BDZ-EX200」

ソニーの新型PS3

■BW880のアニメモード設定方法とその効果

BW880では、アニメに最適な画質にチューニングする「アニメモード」は、ユーザーが手動で設定する必要がある。これはリモコンの「再生設定」ボタンから行うことができ、映像設定の中の画質設定で「アニメ」を選択すればアニメモードとなる。さらに「アドバンスト設定」では超解像のレベルを0〜2の3段階で設定でき、数字が上がるほどエンハンスレベルがあがることになる。

フリップを開けて操作する必要がある

BW880でアニメDVDを再生して第一に受けた印象は、精細感が非常に高いということだ。発色に関してもレベルが高く、単に色が出ているというのではなく、きめ細かい階調で緻密に描画されている。アニメモードに設定すると、たしかにノーマルモードよりも輪郭がすっきりした映像になるのも実感できた。この緻密な描画というのは新搭載の超解像技術が効いているのだろう。また色純度の高さは「新リアルクロマプロセッサ」の威力だろう。

このように、BW880のDVDアニメアプコン画質は非常にレベルが高いが、それでも傾向の異なるいくつかのDVDをじっくり視聴するうちに、課題も残っていることがわかった。

画質選択から「アニメ」を選択するとアニメモードになる

超解像は0/1/2の3段階で調整が可能

■超解像を入れるとジャギーがやや目立つ傾向

まず、アニメでは上下、左右に映像がパンニングするシーンが多いが、BW880ではこのようなシーンで、PS3やEX200に比べてややスムーズさに欠ける印象があった。ただし、これはあくまでPS3やEX200と比較してときに初めて気づくようなレベルであり、重箱の隅をつつくようなツッコミかも知れない。

ジャギーもやや出やすい傾向があるようだ。これはBW880の搭載する超解像処理が原因ではないかと推測している。超解像は0〜2の間で設定することができるのだが、もっとも高いレベル2ではかなりジャギーが目立ってくる。これはアニメモードにしても完全には解消しきれない。

PS3のノーマルモードの画面。線路にジャギーが出ていない

超解像の影響か、ノーマルモードではジャギーが目立つBW880

低いレベルに設定しておけばジャギーが減少するわけだが、そうなると映像の精細感も低下することになる。もっとも、レベル0でも他機種に比べたらかなり精細感があるので、気になるようであれば初めから0に設定しておけば良いだろう。

また、BW880では超解像をオンにすると全体の色味も変わる。これが映像全体の印象の違いにまで波及しており、特に古いアニメではその傾向が強まるように感じた。

BW880とPS3、EX200からベストモデルを選出

前のページ 1 2 次のページ