バッテリー持続時間は2時間

KDDI、サムスン製7.0型Androidタブレット端末「SMT-i9100」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月18日
KDDI、沖縄セルラーは、サムスン電子製のタブレット型端末「SMT-i9100」を2011年2月下旬以降に発売する。価格はオープン。

サムスン電子製のタブレット型端末「SMT-i9100」

手に持ったところ。450gなので片手持ちだと結構ずっしりとした感覚だ

ディスプレイは7.0型で、解像度は1,024×600ピクセル。マルチタッチにも対応している。RAMは512MBで、フラッシュメモリーは4GB。microSD/microSDHCスロットも備える。

左側面

右側面

また、KDDI独自のUI「Ocean Observation UI」を搭載し、メニューは横長画面で表示される。なおモリサワフォントも内蔵している。

OSにはAndroid 2.2を搭載。Flash対応コンテンツを表示することもできる。通信機能はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)のみで、WAN機能は内蔵していない。Bluetoothは2.1+EDRに対応する。

200万画素のCMOSカメラも搭載。バッテリは連続使用時間が約2時間、連続待受時間が約12時間、充電時間は約6時間。ただしこれらの数値はいずれも暫定値で、今後「伸ばせたら伸ばしていきたい」(同社説明員)という。

カメラも内蔵

基本的には家庭内での使用を想定しており、「PCを立ち上げるまでもないシーンなどで活用してもらいたい」(同社説明員)。屋外では、公衆無線LANサービスや、別項で紹介したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER DATA05」や、モバイル無線ターミナル「NEX-fi」などでインターネットへの接続が行える。

「SMT-i9100」の概要

屋外でもWi-Fiルーターなどでネット接続が可能

また、本体を斜めに傾けて置くことができるクレードルも付属する。

付属のクレードル

本体外形寸法は199W×129.5H×13.9Dmm、質量は約450gとなる。なお、本機はスペックなどを見ても分かるとおり、NTTドコモから発売されるサムスン製タブレット端末「Galaxy Tab」とは全く別の製品だ。

関連リンク

関連記事