ライブや映画を迫力体験に

ソニー、新感覚の震える “肩乗せ”ワイヤレススピーカー「SRS-WS1」

編集部:風間雄介
2017年09月14日
ソニーは、肩に乗せて使う “ウェアラブルネックスピーカー”「SRS-WS1」を10月14日に発売する。価格はオープンだが25,000円前後での販売が予想される。

ソニー “ウェアラブルネックスピーカー”「SRS-WS1」

人間の肩に乗せ、スピーカー上部から音が広がるスピーカー。同社では「音に包まれるような体験が得られる」としている。スピーカー部の質量は約335g。

装着イメージ

送信機とスピーカーがセットになっており、送信機には光デジタル入力端子、3.5mmオーディオ入力端子を装備している。送信機からスピーカーへは、2.4GHzのデジタル伝送を行う。

右がトランスミッター、左が充電台

充電時のイメージ

1つのトランスミッターに対して、スピーカーを2台までつなぐことができる。このため、友人や夫婦で同じコンテンツを楽しむことも可能。ただしスピーカー単体での販売は行わないため、この使い方をするにはもう1セット購入する必要がある。

φ30mmのフルレンジスピーカーユニットを左右に搭載。スピーカー上部にスリット状の開口部があり、中にはディフューザーが仕込まれている。これにより音を広げている。

スリット内部に仕込まれたディフューザーから音を広げる

またパッシブラジエーターも装備。このパッシブラジエーターが音と連動してバイブレーションし、低音の振動を伝える。

この振動の強さは、強・中・弱で設定できる。強にすると、上半身に振動が伝わるほどの強さで製品が震え、臨場感溢れる体験が得られる。弱にしても振動をしっかり感じられる。ちなみに振動をオフにすることはできない。

本体の内側。電源ボタンの右に見えるのが振動の強さをコントロールするボタンだ

同社では用途として映画やライブ音源、ゲームなどを想定しているが、そういったコンテンツには、耳の下から広がる音場感と振動が、臨場感を高めるのに効果を発揮すると実感した。

肩に乗せて長時間使用するものなので、装着しても疲れにくいよう形状にこだわった。背中から肩、鎖骨のラインに沿ったアーチ形状とインナークッションによって、長時間の使用やラフな姿勢でも快適かつ安定した装着感を実現するという。なお形状は、日本人の体型にあわせて設定したとのこと。

装着性を高めるため内側の素材にも配慮した。充電用の接点端子も見える

さらに、肌に触れる内側には、汚れにくい加工を施したファブリック素材を採用。本体カラーはライトグレーとし、リビングにもなじみやすく、なおかつ様々なシーンや服装に適合するよう工夫した。

送信機とは別に充電台も同梱。充電台にネックバンドを置いて充電できるほか、スピーカーにmicroUSBケーブルも備えており、充電台を使わずUSBケーブルから直接充電を行うこともできる。なお、1回約3時間の充電で最大約7時間の連続使用が可能となっている。

USBケーブルを直接つないで充電することも可能だ

関連リンク

関連記事