ZX100の後継機

<IFA>ソニー、ウォークマン「ZX300」。上位機の音質対策継承、aptX HDやMQA対応

編集部:風間雄介
2017年08月31日
ソニーは、IFA2017において、DAP“ウォークマン”新モデル「NW-ZX300」を発表。欧州では10月に発売する。価格は700ユーロ。本体色は、欧州ではシルバーの1色展開。

NW-ZX300

ZシリーズはZX100が2015年に登場していたが、今回その後継機としてZX300を投入。WM1の音質をZXシリーズのコンパクトな筐体で実現することをコンセプトに開発した。

IFA会場に展示されている実機

デモスペースにはシルバーとブラックの2色が用意されていたが欧州ではシルバーのみでの展開になるという

新S-Master HXを搭載し、φ3.5mmのアンバランス出力はもちろん、φ4.4mmのバランス出力端子も装備した。また、新たに11.2MHz DSD と384kHz/32bit PCMの再生にも対応した。バランス接続時は11.2 MHz DSDのネイティブ再生に対応する。

背面の様子

内蔵メモリーは64GB。microSDスロットは1スロットで、128GBまでのカードをサポート。側面に備える。液晶ディスプレイは3.1型 WVGA(800x480ドット)。

側面のボタン類

Bluetoothはバージョン4.2で、新たにaptX HDに対応予定。aptX HDに対応するヘッドホン/イヤホンなどとの組み合わせで、48kHz/24bitのBluetooth伝送が行える。

バランス端子は4.4mm。3.5mm端子と2つの端子を装備

筐体ははWMA1と同じアルミシャーシを採用して低抵抗化。また無酸素銅のバスプレートもWM1と同様だ。そのほか、アンプ部の電源には新規フィルムコンデンサーを搭載するなど、高音質対策を多数盛り込んだ。

さらに新機能としてDACモードを搭載。本機をUSB-DAC搭載ヘッドホンアンプのように使うことができる。

再生対応コーデックはMP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/WAV/AAC/HE-AAC/FLAC/ALAC/AIFF/DSD/APE/MQA。

連続音楽再生時間は最大約26時間(FLAC再生時)。外形寸法は57.3×119.5×14.8mm、質量は約157g。

関連記事