電子書籍リーダーは4月16日から発売

東芝、電子書籍販売サイト「ブックプレイス」とリーダー「BookPlace MONO」を発表

ファイル・ウェブ編集部
2013年04月04日
(株)東芝は、電子書籍販売サービス「ブックプレイス クラウド イノベーション(BookPlace Cloud Innovations)(以下、ブックプレイス)」の提供を開始した。さらに、電子書籍リーダー「ブックプレイス モノ(BookPlace MONO)」を4月16日に発売する。


ブックプレイスでは、サービス開始時にコミックや文芸書などの電子書籍コンテンツを取り揃え、ラインナップは今夏に約10万冊を目指している。ストアアドレスはhttp://bookplace.jp/

コンテンツ購読用の専用アプリを用意しており、対応デバイスはAndroidスマートフォン、Androidタブレット、iPhone、iPod touch、iPad、iPad miniで、5月以降にPCにも対応予定。1つのアカウントにつき最大5台までの端末を紐付けることができる。決済方法はクレジットカードに対応する。

「ブックプレイス モノ」は、約4GBの内蔵メモリーを搭載する6型サイズの電子書籍リーダー。ディスプレイは光学式タッチパネルに対応し、解像度は758×1024ドット/16階調グレースケール。無線LAN通信に対応し、IEEE802.11b/g/nに準拠する。

本体にはmicroSD/SDHCカードスロット、microUSB端子を備えているほか、3.5mmヘッドホン端子も装備。質量は約180グラム。本体にはバッテリーを内蔵しており、1回の充電で約8,000ページを閲覧することができるとしている。また、今後同社の音声合成技術を投入し、日本語文章の読み上げ機能に対応する予定とのこと。

販売はオンラインおよび提携書店の一部で行い、電子書籍コンテンツ等とのセット販のみ行う。

東芝では、旭屋書店/ダイレクトショップ/戸田書店/リブロ/有隣堂の5つの書店チェーンと提携し、一部店頭で「ブックプレイス モノ」を実際に使用できるサービスも提供する。

なお、今回の「ブックプレイス」サービス開始に伴い、同社が(株)BookLiveとの協業により運営する「BookPlace powered by BookLive!」は「BookLive! for Toshiba」と名称変更し、BookLive社のサービスに移行した。同サービスを利用中の会員は、「BookLive! for Toshiba」の会員としてBookLive社の提供するコンテンツやサービスを利用できるほか、これまで購入した書籍、ポイントなども引き続き利用できる。

【問い合わせ先】
東芝 総合ご案内センター
TEL/03-3457-4511