製品データベース

TOP > ヘッドホン/オーディオ関連機器 > ヘッドホン

ATH-AD1000

AUDIO-TECHNICA
ATH-AD1000

¥40,000(税抜)

発売:2004年11月21日
AMAZONで検索

【SPEC】
●型式:オープンエアーダイナミック型 ●ドライバー:φ53mm、ネオジウムマグネット、OFC-7Nボビン巻きボイスコイル ●周波数特性:5Hz〜45kHz ●最大入力:1,000mW ●インピーダンス:40Ω ●出力音圧レベル:100dB/mW(JEITA) ●質量:270g(コード、プラグ除く) ●プラグ:標準/ミニ金メッキ、ステレオ2ウェイ ●コード:エラストマー/PC-OCC/3.0m

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

テストレポート

オールジャンルで極限的な情報密度と鮮度を味わう

両者とも53mm径という大型の振動板を起用したオープンエアーダイナミック型ヘッドフォンである。アルミニウムのパンチングケースから振動板が透けて見えるのが楽しい。これは軽量化のためとしているが、空気抜き効果があるので、結局はコンデンサースピーカーのようなダイポール特性に近くなっていることに注目したい。

両者3Dウィングサポート方式により重量を頭頂部で支えていて、軽い感覚をもたらすし、さらに「トータルイヤーフィット設計により、実によく耳になじむ。さらにATH-AD2000は、フレーム回転部にベアリングを使って快適な装着性を確保しているという凝りよう。

ATH-AD2000は磁気回路が強力だ。磁石は定番のネオジウムマグネットだが、磁気回路には高価なパーメンジュールを起用しているのだ。これは飽和磁束密度がきわめて高いので、ボイスコイルが収まるギャップに高密度の磁束を集中させることが出来るのである。ヘッドフォン用としてはATH-W2002など採用例は少ない。またホーンスピーカー用の高級なコンプレッションドライバーに使われることがあるくらいだ。

ボイスコイルは7NOFC。ヘッドフォンコードはLR独立した両出し方式であり、6Nと通常OFCの混成導体を使用。

ATH-AD1000の方は、同じく7NOFCのボイスコイルを使用。ヘッドフォンコードはPCOCC導体を使用。片出しである。

ATH-AD2000の音は過渡特性が極めて優秀。微小レベルからためらいなく超高速で立ち上がる能力はコンデンサー型を思わせるほどだ。そして力強さは無類であり、分離も超優秀。音場の構築能力など頭の中で見とれるほどだ。頭内定位が気にならず、むしろ快感を呼ぶほど精妙な音像描写なのである。

映画の台詞はすこぶる切れがよく、効果音の瞬発力は通常のスピーカーでは味わえないほど高水準だ。これは別世界体験といえるヘッドフォンシアターになるだろう。

ATH-AD1000の方は、上位機ほどの解像感はない。ただしエネルギッシュであり、密閉型では得がたい押し出しのいい音だ。これはやはり一頭抜け出しているヘッドフォンホンの魅力といえる。また低域からピラミッド状の帯域バランスになっているので、映像系を含めた各種のソースでも上位機が時に見せるような過激な音にはならない。

オールジャンルで極限的な情報密度と鮮度を味わいたいのなら、ATH-AD2000が絶対お勧めだ。ATH-AD1000は中低域が充実した音源で実に爽快だ。

(text.吉田伊織)

お取り扱い店一覧

上記製品の販売価格などを販売店よりお知らせいたします。お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせの内容を下記からお選び下さい
連絡したい販売店を下記からお選び下さい
  • このショップの最新お買い得情報
ご質問などがございましたらご記入下さい

(例:同価格帯のおすすめ商品、この製品との組み合わせに最適なモデル、カラーバリエーションの在庫有無など)

お名前、メールアドレス等をご記入ください
お名前
都道府県
メールアドレス
ご注意
  • お問い合わせ内容を詳しくご記入いただくと、お店からスムーズに回答が寄せられます。また、ケーブルなどは長さや本数もご記入ください。
  • お問い合わせ内容は、ご依頼のあった販売店にのみ送信されます。ファイル・ウェブおよび音元出版では、「店舗から連絡が無い」等の事故に対する責任は負いかねます。
  • ご質問の内容、またお店の営業状況によっては、回答が遅れる場合もございます。ご了承ください。