トップページへ戻る

ジャンル

カテゴリ

レビュー

HOME > レビュー > レビュー記事一覧

2016年10月07日
【特別企画】多彩な再生に対応した先進的オーディオ

SOtM「sMS-1000SQ WE」「sMS-200」を試す - Roon対応のサーバー&トランスポート

逆木 一
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

前のページ 1 2 3 4 次のページ

先鋭的なオーディオブランドとして名高いSOtMが手がけるミュージックサーバー「sMS-1000SQ Windows Edition」とネットワークトランスポート「sMS-200」を逆木一氏がレポート。Roon/RoonReadyに対応した各製品の使い勝手/音質をじっくりとハンドリングしながら探った

【写真中央上】ミュージックサーバー「sMS-1000SQ Windows Edition」¥500,000/税抜(USB出力モデル)、【写真右】ネットワークトランスポート「sMS-200」¥70,000/(税抜)、【写真中央下】専用電源「sPS-1000」(日本導入検討中)

SOtMのブランドプロフィール

SOtMは「Soul Of the Music」をコンセプトにした韓国のブランドで、主にPC・ネットワークオーディオの分野で製品開発を行っている。また、SOtM自身でミュージックサーバーやUSB-DACといった完成品を製作するだけでなく、USB出力の品質を改善するためのインターフェースカードや、内蔵ストレージが発するノイズを低減するSATAノイズフィルターなど、オーディオに用いるPCそのものの音質改善を図るパーツを用意していることが特徴と言える。これらのパーツは他ブランドのミュージックサーバーにも採用されるなど、高い評価を得ているという。

ネットワークトランスポート「sMS-200」と
 ミュージックサーバー「sMS-1000SQ Windows Edition」


USBやネットワークで高音質を得る方法を熟知したSOtMによる最新の製品が、今回取り上げる「sMS-200」と「sMS-1000SQ Windows Edition」(以下sMS-1000SQ WE)である。

sMS-200はUSB出力を備え、USB-DACと組み合わせて使うネットワークオーディオトランスポート。PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzという先端のハイレゾ音源に対応するほか、機能面でもDLNA、OpenHome、MPDに加えてRoonReadyに対応するなど非常に充実している。単純に機能だけを考えれば、税別7万円という本機のプライスはなかなか衝撃的である。もちろん、SOtMが蓄積してきた様々な高音質機能も盛り込まれている。コンパクトな筐体は剛性感が高く、オーディオ用USB出力も搭載する。

「sMS-200」

背面端子部

sMS-1000SQ WEはSOtMのハイエンドライン“Ultimate”シリーズのミュージックサーバー。その名の通りOSにはWindowsを採用しており、ユーザーはWindows 8.1とWindows Server 2012 R2のどちらかを選択する。USB出力モデルに加えて、デジタル/アナログ出力モデルが用意されている。また、内蔵SSDの交換オプションも用意されている。

「sMS-1000SQ Windows Edition」

本機はPCオーディオに関するSOtMの知見を総動員したようなモデルで、汎用品ではあり得ないオーディオ的に洗練された筐体、USB出力への徹底的な配慮や外部電源との連携、Windowsをオーディオ用に最適化するAudiophileOptimizer(Windows Server 2012 R2)/Fidelizer(Windows 8.1)の採用など、ハード・ソフトの両面から「オーディオ機器であること」が追求されている。

これらに加えて大きな特徴となっているのが、本機がストレージ内蔵のRoon Serverであるということ。あくまでもオーディオ機器として使用可能なRoon Serverは世界的に見ても非常に数が少なく、SOtMとしても本機がRoon Serverであることをまず前面に押し出しているようだ。

まずはsMS-200のハンドリングをハンドリング&試聴

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連リンク

関連記事

新着クローズアップ

クローズアップ

アクセスランキング

6/23 9:32 更新
1
【測定】AVファンも注目のソニー「Xperia XZ Premium」。4K/HDR対応ディスプレイはもはや“マスモニ”レベル
2
ドン・キホーテの格安4Kテレビ、初回生産分完売で予約受付も一時停止
3
メリディアン、MQA-CDの“フル再生”に世界初対応したCDプレーヤー「806v6」ー 175万円
4
エソテリック、フルバランス構成のフォノアンプ「E-02」 ー MC方式の全段バランス伝送が可能
5
「aiwa」ブランド9年ぶりに復活。ハイレゾDAPやBT/Wi-Fiスピーカー、4Kテレビなど
6
USB端子に挿すだけ。パイオニア「DRESSING」でオーディオの音質はどれだけ変わるのか?
7
FX-AUDIO-、選別品の軍用真空管搭載のプリアンプ「TUBE-01J LIMITED」。6480円
8
スマホサイズでも音質は本格派。B&O PLAY最小Bluetoothスピーカー「Beoplay P2」
9
ソニー、初音ミク10周年記念ウォークマン&BTスピーカー。鏡音リン・レン、巡音ルカモデルも
10
入門Bluetoothイヤホンの新スタンダード!オーディオテクニカ「ATH-CKR75BT」レビュー