ソニーブースで実機を見た

<IFA>ソニーの新4Kプロジェクター「VW760ES/VW260ES」の画質をチェック

折原一也
2017年09月01日
ソニーはIFAのプレスカンファレンスで新プロジェクター「VPL-VW760ES」「VPL-VW360ES」「VPL-VW260ES」を発表。そのうち「VPL-VW760ES」「VPL-VW260ES」の2モデルをソニーブースで実際に視聴できたので、そのインプレッションをお届けしたい。

シアタールームの外側に展示されていた「VPL-VW760」と「VPL-VW260ES」

ソニーブース内には、ホームシアターを模した空間も用意。こちらでプロジェクターを視聴できた

上位機同様のレーザー光源を搭載した「VPL-VW760」

VPL-VW760は、ソニー独自のネイティブ4Kデバイスを採用した、ネイティブ4Kプロジェクターだ。こちらもソニー独自となるレーザーダイオード光源「Z-Phosphor」を搭載したことも特徴だ。こうしたハイエンドな仕様を押さえつつ、IFAで発表された欧州向けの価格は14,999ユーロ前後とのこと。

ある意味でホームシアターファンが一番待ち望んでいたレンジに登場する「VPL-VW760」

ソニーの前方投射型の4Kプロジェクーとしては最高峰となる「VPL-VW5000」(日本国内の販売価格で800万円)と「VPL-VW535」(同100万円)の中間、価格レンジ的には以前ソニーが2016年3月まで販売していた「VPL-VW1100ES」を補うものと言える。仕様としては、4,096×2,160の「4K SXRD」パネルを搭載し、レーザーダイオード光源「Z-Phosphor」で2,000lmの高輝度表示を実現するなど、ハイエンド4Kプロジェクターの注目スペックを網羅して作り上げられたものと言える。ランプ寿命は20,000時間を実現している。

常設でデモされていたのはVPL-VZ1000ES。壁寄せ設置が可能な点をアピール

リクエストして「VPL-VW760」、「VPL-VW260ES」の2モデルを試聴

HDMI 2.0による18Gbps対応の映像信号入力にも対応。4K/60p/HDR信号の入力時には、HDR10/HLGも自動切り替えに対応する。高画質エンジンも「データベース型超解像」や「モーションフロー」など、これまでのソニーの4Kプロジェクターでも採用実績のある機能が盛り込まれている。本体サイズは奥行きが49.5cmと小型化。投射時に排熱で映像が揺れる陽炎対策として前面吸気・背面排気を採用するが、本体自体が小型なため、壁から50mmまで近づけて設置ができるという。

「VPL-VW760」から投写した画面

気になるのは、「VPL-VW760ES」とほぼ同価格で販売されてきた「VPL-VW1000/1100ES」シリーズ、そして現行の「VPL-VW535」(日本価格約100万円)との画質差だ。IFAのブースで行われていた『ブレードランナー』『パッセンジャー』の4Kトレーラーの画質を見ると、レーザー光源採用による力強い描写と高コントラストが印象的で、特に暗部階調の深みと色再現性の水準が高い。同じく4KネイティブモデルであるVW535ESと比較しても一歩上の画質を実現していると見て間違いないだろう。

なお、VPL-VW760という型番が付いた理由については、レンズの光学設計がVW1000/1100ESではなく、VW535ESをベースとして設計されているためとのこと。VW5000とVW535の中間を埋めるモデルはファンからも待望されており、日本国内向けの発表が待ち遠しいモデルだ。

ネイティブ4Kパネル搭載で4,999ユーロの「VPL-VW260ES」も日本発売予定

もうひとつの新モデルが「VPL-VW260ES」で、こちらもネイティブ4K対応モデル。欧州では4,999ユーロで発売され、4Kネイティブ機の普及モデルといえるだろう。


ネイティブ4Kパネル搭載で4,999ユーロを実現する「VPL-VW260ES」
搭載パネルは4,096×2,160の「4K SXRD」で上位機種と同等。廉価モデルながら4K/60p/HDRに対応、「リアリティクリエーション」といったソニーの高画質技術を搭載する。


「VPL-VW260ES」から投写した画面
IFA 2017会場内のシアターで試聴した画質は、ネイティブ4Kパネルの搭載モデルらしく画面全体の立体感がよく引き出され、HDRの表現力についても、非レーザー光源モデルとしては十分のコントラスト感を確保している。この優れた画質に4,999ユーロという価格を加味すると、ネイティブ4Kの価格破壊モデルとも言えるだろう。こちらも日本に導入予定のとのことなので、続報に期待したい。