【特別企画】「まさに家庭にピッタリな調音材」

変幻自在な吸音・拡散 − コスモプロジェクトの調音材「スローピー」実力徹底チェック

鴻池賢三

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年03月29日
オーディオやホームシアターにおける高音質を追求する手法のひとつに、部屋の調音がある。その調音のための注目アイテムとして今回紹介したいのが、コスモプロジェクト“SOUND SPHERE”NOBLEシリーズの新製品「SLOPEY(スローピー)」だ。設置性やデザイン性の高さ、そしてその調音効果を、評論家の鴻池賢三氏がチェックした。

評論家の鴻池賢三氏が製品をチェックした

■AV機器と同等以上に重要な“室内音響”

良い音でオーディオやホームシアターを楽しむには、ルームアコースティック(室内音響)、言い換えれば「調音」を無視することはできない。なぜならば、部屋は「スピーカーの裏返し」と考えることができ、スピーカーと同様、あるいはそれ以上に、音質を大きく左右する要素だからだ。

また、音響で評判の良い映画館の多くは、特別なアンプやスピーカーを用いている訳ではなく、音響設計や熟練者によるチューニングの成果であることが殆どで、その事実からも「調音」の重要性をご理解頂けるだろう。

調音の基本は、「吸音」と「拡散」である。音質の劣化に繋がる有害な反射音は吸音しつつ、美しい響きは一定方向に偏らないよう、拡散するように反射させて適度に残し、バランス良く整えるのが理想だ。

調音の手段としては、オーディオアクセサリーとして販売されている、性能や特性が明示された吸音材や拡散板の利用であるが、家庭におけるオーディオルームやホームシアターは生活空間でもあるので、導入のしやすさやインテリア性も欠かせない要素と言える。

こうした必須要素を積み重ねて行くと、1つの答えが浮かび上がる。コスモプロジェクトの新製品「スローピー」シリーズだ。

傾斜がついたスロープ形状であることが製品名の由来

■音のプロ御用達のブランド、コスモプロジェクト

コスモプロジェクトは、天然素材である羊毛を用いた断熱材「サーモウール」を独自開発し、大手住宅メーカーなどへの供給実績を持つ。言わプロ御用達のブランドばだ。

羊毛は一般的なグラスウール(ガラス繊維製の断熱材)とは異なり、天然素材であるが故に安心して利用でき、さらに消臭効果なども期待できる。身の回りの置いても安心安全で住宅との相性も良いスーパー素材と言って良いだろう。

コスモプロジェクトは既に、「サーモウール」を用いたオーディオ用の調音材「サウンドスフィア」や「林薫」(りんか)で販売実績を持ち、その性能はVGP受賞を果たすなど、第三者からも高い評価を得ている。

こうしたバックグラウンドをベースに新開発されたのが「スローピー」シリーズである。

設置の手軽さも魅力

前のページ 1 2 3 次のページ