軍事用レーダー技術を応用

iFI-Audioの技術を結集したUSBアクセサリー「nano iUSB」

土方久明
2016年03月07日
電源ラインのノイズ低減など、USB環境の改善に大きく貢献する

英iFI-Audioの新製品「nano iUSB3.0」は、PCとUSB-DACの間に接続して、USB電力を再生成するパワーサプライ。nanoシリーズとしては初のDCアダプター接続による据え置き型だ。

「nano iUSB3.0」

軍事用レーダー技術を応用した「Active Noise Cancellation」は、USBの電源ラインに乗るノイズフロアを0.5μまで低減。USBオーディオデータを再クロック/再生成する「REgenerate/REclock」でジッターを強靱に抑制する。USBオーディオ信号を再バランス化し、ノイズ低減を図る「REbalance」やUSBラインに乗るアースノイズを抑える独自技術「IsoGround」を搭載されるなど、同社のUSB関連技術を結集した製品と言っていい。

本機に「iPurifier DC」と「iFI GEMINIデュアルヘッドUSBケーブル」を装着しているところ

本機を自宅試聴室にて試した。ダイアナ・クラールでは、一聴して楽曲全体の奥行き感が増し、音像がリアルかつシャープに定位。UNAMAS『フーガの技法』では、美しい弦楽器の音色がさらに際立つなど、音質改善効果は高い。同社の「iPurifier DC」や、 発売済みの「GEMINI & Mercury」ケーブルと組み 合わせれば、さらに強力な USB環境が構築できそうだ。