音質パーツなど細部をリファイン

人気モデルを特別チューン。iFI-Audioのヘッドホンアンプ「micro iCAN SE」

岩井 喬
2016年02月20日
管球アンプのように滑らかで、密度の高いサウンドが得られる

ネットオーディオやヘッドホンアンプの世界で躍進を続けるiFI-Audio。そのラインナップの中で、アナログ再生に重きを置くヘッドホンアンプが「micro iCAN」である。このmicro iCANに、近く発売される予定となっている据え置き型ヘッドホンアンプの上位機種「Pro iCAN」のテクノロジーを投入しつつ、各パーツのグレードアップ(エルナー製シルミックコンデンサー、メルフ抵抗、C0Gキャパシターなど)やゲイン調整機能に加え、出力を従来の倍までパワーアップさせたスペシャルエディションが「micro iCAN SE」だ。

micro iCAN SE

真空管の増幅手法をモデルとして開発したというディスクリート回路“Class A Tube State”を採用するほか、出力最終段のカップリングコンデンサーを排除し、音の純度を維持するDirectDriveなどの技術に加え、ディップスイッチによる細やかなゲイン調整機能も搭載。電源はACアダプター供給で、立体的な頭外再生を行う3Dモードや低域ブースト機能も用意されている。

本機の基板。電源部や部品などを見直した

エルナー社のシルミック・シリーズ・コンデンサーなどを搭載している

ヘッドホンにオーディオテクニカ「ATH-MSR7」、プレーヤーにAstell&Kern「AK380」を用いて試聴したところ、管球アンプのような艶良く滑らかで、密度の高いサウンドを得ることができた。管弦楽器は潤い良くハリの豊かな響きを聴かせ、ヴォーカルは 伸び良く自然に表現。ジャズピアノはウォームなタッチで描き、ウッドベースは太くむっちりとした倍音の艶を感じさせる。耳当たり良い音色だ。