人気シリーズに待望のイヤホン登場

ゼンハイザー「MOMENTUM In-Ear」レビュー。銘機の音とデザインを凝縮

折原一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年02月13日
ドイツの名門、ゼンハイザーほどヘッドホン愛好家から支持されているブランドはない。高い音質で確固たる地位を確立しているブランドだが、近年の大ヒットモデル「MOMENTUM」が愛されている理由は、そのデザイン性の素晴らしさにもある。ヘッドバンド部にステンレススチールを使ったレトロテイストとメカニカル感の融合、そしてスウェード調のアルカンタラ素材などを使った高級感あるディテールが特徴だ。

オンイヤー型の小型モデル「MOMENTUM On-Ear」もそのデザインを踏襲し、さらにカラバリを増やすなどして街頭でも人気。デザインだけでなく、もちろん音質も素晴らしく、ヘッドホンファンも唸らせる。現代のヘッドホンの銘機と言える。

あのMOMENTUMシリーズにイヤホンが満を持して登場

今回紹介する「MOMENTUM In-Ear」は、そんなヘッドホン好きも絶賛するMOMENTUMシリーズの第3弾。In-Earという名称の通り、カナル型としてリリースされた本機は、やはりデザインと音質の両面にこだわり抜いたモデルだ。

ゼンハイザー「MOMENTUM In-Ear」

ゼンハイザーのカナル型イヤホンと言えば、IE 800を頂点としたハイエンドモデルも世界的に人気だが、1万円台前半という高音質、そしてデザイン性やファッション性も求められる価格帯に「MOMENTUM」としてを満を持して投入する事になったわけだ。

「MOMENTUM In-Ear」はダイナミック型ドライバー1基を搭載している。ハウジングは人間工学に基づき、15度傾いた形で耳穴に挿入するタイプで、耳穴へのフィットを重視した構造を採用する。ノズル構造はカスタム切削ステンレスで周波数帯域は15〜22,000Hzでインピーダンス18Ωと若干高めだが、スマートフォンでも十分な音質を確保できることを確認した。

美しいワインレッドが目を引く

ハウジングは耳に対して15度傾けており、フィット感を高めている

MOMENTUMシリーズの新モデルとして、まず語りたくなるポイントはデザインの美しさだ。外装はポリカーボネート素材だが、美しいワインレッドで光沢を放つ仕上げが真っ先に目を引く。

MOMENTUMならではのサウンドとデザインをチェック!

前のページ 1 2 3 次のページ