台湾にて発表会を開催

ASUS、「ZenFone 4」シリーズを発表。セルフィーで4K動画撮影が可能な「ZenFone 4 Selfie Pro」など

編集部:小澤貴信
2017年08月18日
ASUSは17日、台湾にて発表会を開催。Zenfone 4 Seriesのスマートフォンとして、「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4」「ZenFone 4 Selfie Pro」「ZenFone 4 Selfie」の4モデルを発表した。

「ZenFone 4 Pro」はシリーズのトップエンドとなるモデルで、デュアルカメラ・システムによる高精細なメインカメラが特徴。1/2.55インチのソニー製イメージセンサー「IMX362」、明るさF1.7のアパーチャーレンズを採用し、1,600万画素による撮影に対応する。ズームは光学2倍、トータル10倍。また、ASUS SuperPixcelエンジンにより、取り込んだ光を最大8倍まで増加させることができる。光学手ブレ補正にも対応。プラットフォームには、クアルコムのSnapdragon 835を採用している。

「ZenFone 4 Pro」

「ZenFone 4」は5.5インチディスプレイを搭載したシリーズのスタンダードモデル。本機もIMX362によるデュアルカメラ・システムを搭載。最大120度の画角で撮影ができる明るさF1.8のアパーチャーレンズを採用したことも特徴だ。プラットフォームにはSnapdragon 660を採用。3,300mAhの大容量バッテリーを搭載し、独自の急速充電技術も備えている。

「ZenFone 4」

「ZenFone 4 Selfie Pro」「ZenFone 4 Selfie」は、高画質なセルフィー撮影が行えるモデル。新しいSelfieMasterアプリによって、ユーザーは静止画はもちろんビデオ撮影やライブストリーミングの際にもビューティー効果を適応させることができる。

上位モデルの「ZenFone 4 Selfie Pro」は、フロントカメラをデュアルカメラ仕様として、メインカメラにはソニー IMX362イメージセンサー、明るさF1.8のアパーチャーレンズを搭載。2,400万画素のセルフィー撮影が行える。また、これらにASUS SuperPixcelエンジンを組み合わせて、低照度撮影時に通常の2倍の明るさを実現するという。さらにはフロントカメラでの4K撮影にも対応する。フロントのサブカメラは120度の広角撮影も可能だ。ソフトライトのLEDフラッシュも内蔵する。プラットフォームはSnapdragon 625を採用する。

「ZenFone 4 Selfie Pro」

スタンダードモデル「ZenFone 4 Selfie」についても、デュアル仕様のフロントカメラを搭載。フロントのメインカメラは2,000万画素の高解像度撮影に対応。サブカメラは120度の広角撮影に対応する。ソフトライトのLEDフラッシュも備え、低照度の環境でも自然な肌の質感を実現する。リアのメインカメラについても、1,600万画素の撮影が可能だ。プラットフォームはSnapdragon 430を採用している。

「ZenFone 4 Selfie」

なお、現時点で日本での発売情報などはアナウンスされていない。

関連記事