Android 7.0/6.0で標準装備に

AIと会話してスマホ操作。「Googleアシスタント」日本語版、Android向けに提供開始

編集部:小野佳希
2017年05月29日
Googleは、AIと会話してスマートフォンなどを操作できる「Googleアシスタント」日本語版の提供を本日5月29日から開始した。

Google Assistantの画面イメージ

Android 7.0 Nougat と Android 6.0 Marshmallow に対応し、Google Play ストアを搭載する全てのAndroidスマートフォンで利用可能。これまで「Google Allo」アプリ内の機能として提供していたが、スマートフォンに標準搭載の機能になった。

ホームボタンを長押しするか、「Ok Google」と話しかけることで本機能が起動。オーディオビジュアルやエンターテイメント関連では、例えば「近くの映画館で上映中の映画を教えて」「Spotify で最新のヒット曲を流して」「YouTube で可愛い猫の動画が見たい」などといったことをスマホに話しかけて操作することが可能。それ以外でも「今日は傘いるかな?」という質問で天気を聞くなどといった使い方ができる。もちろん文字での入力にも対応している。

Googleでは、同社がこれまでに培った自然言語処理の技術で、ユーザーの言葉を理解し、まるで人と話しているように、自然に会話できるようになったとアピール。さらに、機械学習やGoogleの様々な製品を組み合せて、ユーザーの一日をサポートするとしている。

同社はこの「Googleアシスタント」を搭載したスマートスピーカー「Google Home」を、年内に日本で発売することもすでに発表している(関連ニュース)。

関連記事