災害等への対策として

ドコモ、「ドローン中継局」による携帯電話エリア化実験に成功

編集部:成藤正宣
2017年05月17日
NTTドコモは、災害等に対する備えとして導入検討を進めてきた「ドローン中継局」について、5月17日に群馬県吾妻郡長野原町における実証実験に成功したと発表した。

「ドローン中継局」概要

「ドローン中継局」は、被災などによって携帯電話サービスが圏外となったエリアにおいて、小型中継局を搭載したドローンを上空に飛ばし、臨時のサービスエリアを作り出す試み。移動基地局車など従来の設備に比べ、地盤の影響を受けず可搬性にも優れるため、迅速なサービス救済が可能になるという。

群馬県で行われた実験の概要

同社はこれまで茨木県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県、神奈川県の6県において、上空での電波中継を行うための実地試験局免許を取得し、実証実験を繰り返してきた。

今後同社は、実際の災害時にも実効性のある連続24時間運用を実現するべく、2017年下期を目途に地上の電源とドローンを接続して運用する実験を行っていくという。

関連リンク

関連記事