10nmFinFETプロセスを採用

<CES>クアルコム、VR強化の最新SoC「Snapdragon 835」。4K/HDRやDSD、aptX HDも対応

編集部:風間雄介
2017年01月04日
米Qualcomm(クアルコム)は、スマートフォンやVRヘッドセット、ノートPCなどモバイルデバイス向けの最新SoC「Snapdragon 835」を正式発表した。

左がSnapdragon 835。右が1セント硬貨

同社として初めて10nmFinFETプロセスで作られるチップで、性能と消費電力効率を高めた。前世代のフラグシップモデルに比べ、パッケージサイズを35%小さくしたほか、消費電力も25%抑えている。また同社の高速充電技術「Quick Charge 4」にも対応している。

X16 LTEに対応しているほか、Wi-Fiは2x2 802.11ac Wave 2に対応。オプションで802.11adへの対応も可能だ。またBluetooth 5へも対応している。

VRやARへの対応を強化し、グーグルのVRプラットフォーム「Daydream」をサポート。また性能を強化したことで、3Dグラフィックのレンダリング性能を25%程度高めたとしている。

またSnapdragon 835は4K/HDR(HDR10)や10bitカラーガンマのディスプレイ、オブジェクト/シーンベースの3Dオーディオなどにも対応している。4K動画の撮影は30fps、再生は60fpsをサポートしている。

写真撮影に関しては、ISP「Qualcomm Spectra 180」と統合されており、14bitのISPを2機搭載。これによりカメラ1基の場合最大32メガピクセル、もしくは16メガピクセルのカメラ2基の処理を可能としている。

Snapdragon 835と組み合わせられるオーディオコーデック「Qualcomm Aqstic WCD9341」は、DAC部が384kHz/32bitのPCMやDSDのネイティブ再生に対応。またSnapdragon 835はBluetoothのaptXやaptX HDコーデックにも対応している。

関連記事