ラジカセをモノとカルチャーの両面から紹介

渋谷西武で「大ラジカセ展」8月2日から開催。懐かしのラジカセ約100台が集結、カセット付チケットも

編集部:小澤 麻実
2017年07月13日
「ラジカセ」をモノとカルチャーの両面から紹介する展覧会「大ラジカセ展〜shibuya extra【since1968】〜」が、8月2日から8月14日まで西武渋谷店にて開催される。



昨年梅田ロフトで開催された「大ラジカセ展」(関連ニュース)がアップグレードしたものとのこと。監修はラジカセ・家電蒐集家 松崎順一氏。

同氏のコレクションから選りすぐられたラジカセ約100点が展示されるほか、カセット付き雑誌「カセットマガジン」などラジカセから派生するカルチャーの紹介、安齋肇や水道橋博士、みうらじゅんなどクリエイター17名によるカセットコレクション/カセットアートの展示も行われる。

また、ラジカセが生まれた1968年当時の男子の部屋を再現した<Back to1968>、ラジカセ文化が最も花開いた1980年代の女子の部屋を再現した<Back to 80’s>なども興味深い。

実際にラジカセサウンドを体験できるブースも用意される。

大ラジカセ展〜shibuya extra【since1968】〜
・開催日時:2017年8月2日(水)〜8月14日(月)
      月〜土 午前10時〜午後9時
      日・祝 午前10時〜午後8時

・会場:西武渋谷店A館7階=特設会場

・入場料:大学生500円(税込)・高校生以下無料
     カセットテープ付特別チケット1,000円(税込)

【問い合わせ先】
西武渋谷店
TEL/03-3462-0111(大代表)

関連記事