頭の動きでドローン操作も

DJI、ドローン視点のリアルタイム映像を楽しめるHMD「DJI Goggles」

編集部:小澤 麻実
2017年04月25日
DJIは、同社のドローンで撮影した映像を見たり、動画やゲームを楽しんだりできるヘッドマウントディスプレイ「DJI Goggles」を発表。5月20日以降、58,800円(税込)にて発売する。

DJI Goggles

DJI Gogglesの使用イメージ

「DJI Goggles」は、Mavic ProやPhantom 4シリーズなどDJIのドローンで撮影した映像をワイヤレスで受信・視聴できるヘッドマウントディスプレイ。送信機を介さずドローンから本機へ直接映像を伝送するため、720p/60fpsおよび1080p/30fpsの動画も低遅延で視聴できるという。ディスプレイは解像度1,920×1,080・5インチのものを2つ搭載。約3メートル先に216インチ相当のスクリーンが表示される感覚で視聴できる。リフレッシュレートは60Hz。

OcuSync伝送システムを使用し、最大2組の本機を同時にドローンに接続できるとのこと。ワイヤレス伝送できる距離は、各ドローンのものに準ずる。

バンド部には360度をカバーするアンテナを内蔵。コントロールスティックのように、頭の動きで機体のヨーとカメラのチルトをコントロールするヘッドトラッキングにも対応する。

また、固定翼モードを用意。実際の固定翼機により近い飛行をシミュレートすることができるとのこと。AR軌道予測機能も備えており、複雑な環境下でも安全に使用が可能だ。

microSDカードスロットを備え、機体からmicroSDカードに動画ファイルをダウンロードすることもできる。またHDMI端子を備え、プレーヤーやゲーム機等と接続して映像/ゲームなどを楽しむことも可能だ。

本体サイドにはタッチパッドを搭載

人間工学に基づくデザインで、顔面への圧力を最小限に抑え長時間でも快適な装着感を得られるとのこと。メガネの上からも装着できる。ディスプレイ部分は上に跳ね上げることもできるので、外の風景をすぐ確認することも可能だ。本体のサイドにはタッチパッドを搭載。フォーカスモードなど主要なインテリジェント機能にアクセスできる。バッテリーは9,440mAhで、最大6時間の連続使用に対応する。

関連記事