4K動画撮影時も有効な像面位相差AF搭載

ソニー、世界最速のAFと連写を実現した高級コンデジ「RX100V」

編集部:小野佳希
2016年10月14日
ソニーは、1.0型センサー搭載のレンズ一体型デジタルカメラとして世界最速の0.05秒高速AFと、同じく世界最速の最高約24コマ/秒AF/AE追従高速連写を実現したコンパクトデジカメ“Cyber-shot RX100V”「DSC-RX100M5」を10月21日に発売する。オープン価格だが、12万円前後での実売が予想される。

RX100V「DSC-RX100M5」

撮像素子に1.0型センサーを搭載した高級コンデジRX100シリーズの新モデル。従来のRX100/RX100II/RX100III/RX100IVも販売を継続し、今回の新モデルは高速AFと高速連写を特徴とするモデルという位置づけ。

液晶モニター/操作ボタン類

RXシリーズとして初めて像面位相差AFセンサーを搭載。これをメモリー一体1.0型の積層型CMOSセンサーと組み合わせたほか、画像処理エンジンBIONZ Xに新開発のフロントエンドLSIを組み合わせるなど、コアデバイスを新開発することで世界最高速のAFと連写を実現させた。

BIONZ Xに新開発のフロントエンドLSIを組み合わせた

世界最多315点の像面位相差AFセンサーを、世界最大となる撮像エリア約65%に配置。これにより、0.05秒という世界最速の高速AFを実現した。

引き続き「ファストハイブリッドAF」を搭載

そして、AF/AE追従で世界最高となる24fpsの高速連写を実現しただけでなく、その際に画像サイズは20Mを維持。バッファメモリの大容量化などによって、24fpsで150枚(約6.3秒)まで連続撮影が行えるようにしている。なお新開発のフロントエンドLSIによって、連写中に1コマごとに最適な高速画像処理を行うという。

フラッシュやファインダーを内蔵

像面位相差AFは動画撮影時にも有効。従来から引き続き4K動画撮影にも対応するため、ピントにシビアな4K動画撮影時でも高精度・高追従なフォーカシングが可能だとしている。

モードダイヤルやシャッター類

なお4K動画撮影はRX100IVから引き続き画素加算のない全画素読み出し。4K映像に必要な画素数の約1.7倍の情報量を凝縮して出力するオーバーサンプリング効果によって、モアレやジャギーが少なく、解像感の高い4K動画画質を実現したとしている。

さらに、動画撮影時のAF駆動速度設定およびAF追従感度設定に、RXシリーズとして初めて対応。また、RX10シリーズには入っていたがRX100シリーズとしてはこれまで搭載していなかった4K動画からの静止画切り出しにも新たに対応した。

動画撮影は最大960fps(40倍)でのスーパースローモーション撮影にも対応。スローモーション撮影では、240fps時にRX100IVとk比較して約2倍の最長約7秒という撮影時間も実現している。

そのほかシャッター音を消してのサイレント撮影や、最高1/32,000秒の高速シャッター、AF-Cモードでの瞳AFなどにも引き続き対応。収納式の有機ELファインダーも備えるほか、液晶モニターは上方向約180度、下方向約45度までの可動式を採用している。

モニターはチルト対応

また、Wi-FiやNFCにも対応。NFCでのWi-Fi接続が可能なほか、QRコードにも対応し、NFC非搭載のスマホやタブレットでも簡単にWi-Fi接続できるよう配慮している。

そのほか、水深40mでの水中撮影が可能な防水ハウジング「MPK-URX100A」も用意。こちらはRX100シリーズ全モデルで使用でき、3万円(税抜)で11月25日に発売する。

防水ハウジングも用意
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドSONY
  • 型番DSC-RX100M5
  • 発売日2016年10月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格120,000円前後)

関連記事