4K機能を大幅強化

パナソニック、「6Kフォト」搭載で“LUMIX史上最高画質”のミラーレス「GH5」を来春発売

編集部:小野佳希
2016年09月20日
パナソニックは、ドイツで開催される「フォトキナ」に合わせて、4K関連機能を大幅強化し“LUMIX史上最高画質”だとするミラーレス一眼カメラ「DMC-GH5」を開発中であることを発表した。来春の発売を予定しているという。

DMC-GH5

4K動画撮影では、現行の「GH4」が30pまでの対応であるのに対し、今回のGH5では新たに60pに対応。また、4:2:2 10bitにも新たに対応する。

本体上面

「4Kフォト」では8Mでの秒間60連写に対応。これまでの秒間最大30連写から連写性能が向上する。

さらに、新機能「6Kフォト」を搭載。6K解像度、18Mでの30連写が可能になる。

そのほか同社では、マイクロフォーサーズレンズの新製品群「LEICA DG VARIO-ELMARIT/F2.8-4.0ズームレンズシリーズ」も発表。「静止画も動画も優れた描写力とコンパクト性を備えたハイブリッドライカレンズ」だとのことで、12-60mmの標準レンズを2017年春に、8-18mmの広角ズーム、および50-200mmの望遠ズームを2017年以降に順次発売する予定だとしている。

レンズ群も順次発売する予定

関連記事