価格は本体のみで90,000円前後

パナソニック、ローパスフィルターレス仕様の4K対応デジタル一眼「DMC-GX7MK2」

編集部:伊藤 麻衣
2016年04月05日
パナソニック(株)は、ローパスフィルターレスの1,600万画素Live MOSセンサーと新ヴィーナスエンジンを搭載した、4K対応デジタル一眼「DMC-GX7MK2」を5月18日に発売する。

DMC-GX7MK2(左からブラック/シルバー)

本体のみの「DMC-GX7MK2」と、標準ズームレンズキット「DMC-GX7MK2K」、単焦点ライカDGレンズキット「DMC-GX7MK2L」の3種類をラインナップする。価格はオープンだが、「DMC-GX7MK2」が90,000円前後、「DMC-GX7MK2K」が100,000円前後、「DMC-GX7MK2L」が130,000円前後での販売が予想される。カラーはブラック/シルバーの2色。

標準ズームレンズキット「DMC-GX7MK2K」(左からブラック/シルバー)


単焦点ライカDGレンズキット「DMC-GX7MK2L」(左からブラック/シルバー)

DMC-GX7MK2は、マイクロフォーサーズ規格によるデジタル一眼カメラ。有効画素数1,600万画素の4/3型 Live MOSセンサーを搭載。光学ローパスフィルターレス仕様で、レンズの光学性能を引き出し高い解像感を実現したのが特徴となっている。

画像処理エンジンには、ローパスフィルターレス仕様で問題となる、モアレや偽色を低減処理により効果的に抑制できるという新ヴィーナスエンジンを採用。「マルチプロセスNR」により、高い解像感と低ノイズを実現するという。さらに色補正精度の向上も図っている。

手ブレ補正については、新開発の5軸ボディ内手ブレ補正と2軸レンズ内手振れ補正による「Dual I.S」を実現。回転方向のブレ(Roll)や、動画撮影時に生じる大小のブレの補正を実現した。

動画撮影では、MP4での4K/30p(3,840×2,160)撮影に対応し、ビットレートは最高で約100Mbpsとなる。AVCHD/AVCHD ProgressiveではフルHD/60pや24pの撮影が可能。

機能面では、「4K フォト」に対応し、スポーツ時などに速い被写体をとらえる「4K連写」「4K連写(S/S)」「4Kプリ連写」の3つのモードを搭載。さらに、撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト」機能と、モノクロ写真の質感再現力を向上させた「L.モノクローム」機能もサポートする。

そのほかにも、「DFDテクノロジー」による高速・高精度な空間認識AFや、チャージユニットレスによる小型・静音の新シャッター、こだわりの撮影に応えるというブラケット機能を搭載。0.5秒の高速起動に対応する。

本体にはWi-Fi機能も搭載しており、パスワード入力無しでスマートフォンと接続することも可能となっている。

ISO感度は、最高ISO25600をサポート。ズームは、デジタルが最大4倍、EXテレコンが最大約2倍。記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカード。本体サイズは約122W×70.6H×43.9Dmmで、質量は本体のみで約383g。

【問い合わせ先】
お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-GX7MK2
  • 発売日2016年5月18日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格90,000円前後)
【SPEC】●ラインナップ(予価):本体「DMC-GX7MK2」¥90,000、標準ズームレンズキット「DMC-GX7MK2K」¥100,000、単焦点ライカDGレンズキット「DMC-GX7MK2L」¥130,000 ●撮像素子:4/3型Live MOSセンサー ●有効画素数:1,600万画素 ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型モニター、約104万ドット ●ズーム:デジタル 2倍/4倍、EXテレコン 最大約2倍 ●外形寸法:約122W×70.6H×43.9Dmm(突起部含まず) ●質量:約383g(本体のみ)

関連記事