様々な高画質技術を投入

ソニー、フルサイズ“Exmor”CMOS搭載のコンデジ“Cyber-shot”「DSC-RX1」 − 実売25万円前後

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2012年09月12日
ソニーは、有効約2430万画素の35mmフルサイズExmor CMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ“Cyber-shot”「DSC-RX1」を11月16日より発売する。価格はオープンだが25万円前後での実売が予想される。

DSC-RX1

■フルサイズセンサー/ゾナーT*レンズ/新BIONZで高画質を実現

コンパクトデジタルカメラとして世界で初めてという、35mmフルサイズのセンサーを搭載したモデル。前述のように有効画素数は約2430万画素で、レンズには単焦点のカールツァイス Sonnar T* 35mm F2を、画像処理エンジンにはBIONZを採用。

正面から見たところ

CMOSセンサーのサイズ比較。本機は一番左のフルサイズセンサーを搭載

フルHD動画撮影にも対応し、液晶モニターは3.0型。手動ポップアップ式のフラッシュを内蔵しているほか、別売の光学ビューファインダーなどを装着するためのマルチインターフェースシューも備えている。また、記録メディアはメモリースティック デュオとSDカードの両方に対応している。バッテリーはXバッテリーを採用し、フル充電で約220枚の静止画撮影が可能。なお、手ブレ補正機能は搭載していない。

フラッシュを出したところ

側面の様子

CMOSセンサーは専用に新開発したもの。最先端の高集光プロセス技術により集光効率を高め、画素単位のS/Nを大幅に改善。高感度、低ノイズ化を実現したという。

液晶鬼ターは3.0型

左側面にUSB端子などを装備

また、回路設計を最適化しフォトダイオード面積を大幅に拡大したワイドフォトダイオード設計技術も投入。さらなる高感度・低ノイズ化だけでなく、A900比で2倍というワイドなダイナミックレンジを実現した。

最先端の高集光プロセス技術とワイドフォトダイオード設計技術により高感度・低ノイズ化

レンズには最高級仕様の多層膜コーティング「T*(ティースター)コーティング」を施してフレアやゴーストの発生を大幅に抑制したカールツァイス「ゾナーT*レンズ」を採用。新開発の薄型非球面レンズ「AA(Advanced Aspherical)レンズ」がボディの小型化と高画質化に貢献しているという。

「ゾナーT*レンズ」を採用

フロントエンドLSIを新搭載

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事