9月-10月に順次発売

<IFA>ゼンハイザー、ロングセラー機の後継「IE 80 S」や「MOMENTUM free」発表

編集部:風間雄介
2017年09月01日
ゼンハイザーは、IFA2017のプレイベントであるShowstoppersにおいて、新モデル2機種を発表した。

ハイエンドのエントリー「IE 80 S」

ロングセラーモデル「IE 80」に、新しい「IE 80 S」が登場、欧州では9月に発売される。価格は349ユーロ。説明員によると「ハイエンドクラスのエントリーモデル」という位置づけなのだという。

「IE 80 S」

ハウジングの形状も変更された

ダイナミック型のワイヤードイヤホンで、ドライバーにはネオジウムマグネットを採用。またIE 80と同様、ハウジングにはダイヤル型のサウンドカスタマイズ機能を備え、好みに応じて周波数レスポンスを調整できる。

ダイヤル型のサウンドカスタマイズ機能を装備

イヤーチップには、標準シリコンとラメラシリコンの2種類のほか、コンプライのものも同梱。パッシブノイズ減衰レベルは最大26dBに及ぶという。

側面から見たところ

複雑な形状は音響を計算して設計されたもの

ケーブルはIE 80と同様に着脱が可能で、これまでと同様2ピンのケーブルを利用する。ワンボタンとインラインマイクを搭載した交換用のケーブルなどがオプションで用意される。 

ケーブルは着脱式

プラグ部はストレート型

首掛け式でないネックバンド型ワイヤレス「MOMENTUM free」

もう1つの新製品は、MOMENTUMシリーズのBluetoothイヤホンだ。

ゼンハイザーは、ネックバンド型で首掛け式のBluetoothイヤホン「MOMENTUM In-Ear」をすでに展開しているが、それとは別の商品で、モデル名は「MOMENTUM Free」。欧州で10月に発売予定で、価格は199ユーロ。

「MOMENTUM Free」

手に持ったところ

ネックバンド部の片側にバッテリー、もう片側に3ボタンリモコンを備えたネックバンド型Bluetoothイヤホン。ケーブル長を調整するアジャスターも備えている。

ネックバンド部の片側にバッテリー、もう片側に3ボタンリモコンを装備

イヤホンはステンレススチール製。左右のイヤホン同士は磁石でくっつけられるため、装着時にイヤホンが落下することも防げる。なおイヤーチップは4サイズを同梱する。

イヤホン部はマグネットでくっつけることができる

美しい円形のキャリングケースも付属する

Bluetoothのバージョンは4.2で、SBCのほかAACとaptXにも対応している。最大2台のデバイスとのマルチ接続、3方向の通話サポートも備えている。またペアリングの状態やバッテリー残量を音声で知らせる機能も備えている。

会場内ではこのほか、iPhoneでバイノーラル録音できる「AMBEO」や、日本では発売済みの首掛け式ネックバンドBluetoothイヤホン「CX 7,00BT」も新製品として紹介されていた。

関連記事