DVDも未発売だった名作

フェリーニ「アマルコルド」4K修復版がBD/DVD化。11月2日発売

編集部:風間雄介
2017年08月10日
名匠フェデリコ・フェリーニ監督の映画「アマルコルド」が11月2日にBD/DVD化される。発売はWOWOWプラス、販売元はKADOKAWA。

「アマルコルド」

BDは型番がDAXA-5259、価格は4,800円(税抜)。DVDは型番がDABA-5259、価格は3,800円(税抜)。

「アマルコルド」は1973年の作品で、これまで国内ではDVD化もされていなかった。2015年にイタリアの映画保存期間チネテカ・ボローニャの主導で、本編の撮影監督ジュゼッペ・ロトゥンノ監修のもと4K修復が行われ、同年のヴェネツィア国際映画祭で初披露された。

BDではこの4K修復された画質を収めるため、MGVC(マスターグレードビデオコーディング)を採用している。BD/DVDともに本編125分。BDの音声はイタリア語(リニアPCM 48/24)モノラル2.0ch。また日本語も、テレビ放映時の日本語吹き替え版をドルビーデジタル モノラル2.0chで収録する予定。

パッケージには16ページの特製ブックレットも封入。表紙は100%ORANGEの書き下ろし、執筆は四方田犬彦。

〜〜〜あらすじ〜〜〜


綿毛が舞い、春が訪れた港町リミニ。賑やかな大家族に暮らす少年チッタは学校の悪ガキたちと毎日イタズラばかり。そして街一番の美人グラディスカへの憧れで胸がいっぱい…。

関連記事