Bluetoothヘッドホンにも注目

<ポタフェス>ソニー、幅広い展示に多数の来場者/JVC、WOODイヤホン比較試聴/ビクタースタジオのモニターヘッドホン

編集部:小野佳希
2017年07月15日
ヘッドホンなどの各ブランドが集まるイベント「ポータブルオーディオフェスティバル夏2017東京(ポタフェス)」が開幕。本稿では、ソニー、JVCケンウッド、ビクタースタジオの出展をレポートする。

■ソニー

ソニーは、ウォークマン「WM1Z」やヘッドホン「MDR-Z1R」といった“Signature”シリーズを始めとするハイレゾモデルを中心に幅広い製品群を展示。会場の入口すぐというブースの場所も相まって非常に多くの来場者が試聴のために列を作っていた。

ウォークマンWM1ZとヘッドホンZ1R

また、「MDR-1000X」などのBluetooth機も体験可能。Bluetoothに加えてノイズキャンセリング機能も備えた「MDR-XB950N1」も用意されている。

イヤホンやリケーブル各種も用意

ブースでは、販売開始前のハイレゾ音源も試聴可能。moraで8月16日から他サービスより先行配信される「この素晴らしい世界に祝福を!」の楽曲、8月2日から発売されるfhánaのニューシングル「Hello!My World!!」(TVアニメ『ナイツ&マジック』OP主題歌)を聴くことができる。

「このすば」ハイレゾ楽曲はソニーブース以外でもポタフェス会場のいくつかのブースで先行試聴が可能

■JVCケンウッド

JVCケンウッドは、“N_W”の「WOOD FW7」や“CLASS-S”の「WOOD inner」各モデルといった“WOODイヤホン”を中心に展示。“WOOD”各モデルを聴き比べることができるようになっている。

WOODイヤホン各モデルが並ぶ

WOOD FW7

イヤホンでは“SOLIDEGE”「HA-FD7」や“XX”「HA-FX99X」も展示。スポーツ向けイヤホン「HA‐ET800BT」「HA-EC600BT」や、ノイズキャンセリングにも対応する「HA-S88BN」や、「HA-S58BT」「HA-S38BT」といった、先月6月に発売されたばかりのBluetoothヘッドホン最新モデルも体験できるようにしている。

新Bluetoothヘッドホン各モデルも試聴可能

■ビクタースタジオ

ビクタースタジオは、モニターヘッドホン「HA-MX100-Z」を展示。量販店で販売されることの少ないスタジオモニターヘッドホンを試せる機会とあって興味深そうに試聴する来場者の姿も見られた。

HA-MX100-Z

また、ポタフェスで本機を購入してブースに持参した来場者先着10名に特別デザインのステンレスボトルかスマホスタンドをプレゼントするキャンペーンの告知なども展開。そのほか個人ごとの聴覚特性を測定して頭外定位効果をカスタマイズできる「WiZMUSIC90」(レビュー記事1レビュー記事2)の紹介も行っていた。

関連記事