10bit 4:2:2のSDXCメモリーカード収録に対応

パナソニック、新開発5.7Kスーパー35mmセンサー搭載の業務用4K/60Pカメラ

編集部:伊藤 麻衣
2017年06月05日
パナソニック(株)は、5.7Kスーパー35mmセンサー搭載の業務用4Kコンパクト・シネマカメラ「AU-EVA1」の開発を発表した。2017年秋にグローバル市場へ導入を予定している。

AU-EVA1

本機は、新開発の5.7Kスーパー35mm MOSセンサーを搭載し、4K/60P撮影に対応。4K/2K映像において、より多くの色情報を記録できる10bit 4:2:2のSDXCメモリーカード(ダブルSDカードスロット)への収録に対応する。

また、広いダイナミックレンジをもたらすV-Logガンマ、広色域V-Gamut、デュアルネイティブISO、4K/60Pの高画質ハイフレームレートといった、同社の業務用ビデオカメラ“VARICAM”シリーズの技術を継承する。

そのほかにも、IRカットフィルターのオン/オフが可能で、幻想的なIR(赤外線)シネマトグラフィ撮影を実現したとしている。

本体質量は1.2kgと軽量・コンパクトな設計を採用。また、ドローンに搭載しての撮影などを考慮し、取り外し可能なデタッチャブルハンドルおよびグリップ、フレキシブルなLCDモニターなど新しいデザインを採用する。

【問い合わせ先】
パナソニック(株) コネクティッドソリューションズ社
TEL/06-6905-4640

関連記事