SeeQVaultにも新対応

ソニー、4K動画取り込み対応の新BDレコーダー「BDZ-ZT3500」など5機種 。操作性・速度向上

編集部:小澤貴信
2017年05月31日
ソニーは、4Kハンディカムからの映像取り込みやUIの操作性強化を図ったBDレコーダー 2017年モデル 5機種を6月24日から順次発売する。

「BDZ-ZT3500」(筐体は全モデル共通)


<3チューナーモデル> 7月8日発売
・「BDZ-ZT3500」(3TBモデル)¥OPEN(予想実売価格10万円前後)
・「BDZ-ZT2500」(2TBモデル)¥OPEN(予想実売価格8.3万円前後)
・「BDZ-ZT1500」(1TBモデル)¥OPEN(予想実売価格7万円前後)

<2チューナーモデル> 6月24日発売
・「BDZ-ZW1500」(1TBモデル)¥OPEN(予想実売価格6万円前後)
・「BDZ-ZW550」(500GBモデル)¥OPEN(予想実売価格5万円前後)

ソニーのBDレコーダーは、昨年2016年モデル「BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500」において、UIの大幅刷新を実施(関連ニュース)。2017年モデルは、UIなど昨年モデルの仕様を継承しつつ、4Kハンディカムからの4K動画取り込み対応や、UIの使い勝手や操作性の向上・改善を実現させたモデルとなる。なお、UHD-BDの再生には対応しない。

筐体デザインも刷新。ツートンカラーの下側はゴールドになり、4K BRAVIAとデザインだけでなく色相のマッチングまで配慮された

新BDレコーダーにおいては、同社の4K対応ビデオカメラ「4Kハンディカム」との連携に対応。4K動画をBDレコーダーへの取り込むことが可能になった。具体的には、4Kハンディカムで撮影した「4K XAVC-S(MP4)」形式の4K動画取り込みに対応。4K動画をBDにデータディスクとしてバックアップすることもできる。

取り込んだ4K動画をシンプルに再生できることも特徴。録画リストから、4K動画/2K動画を一括表示して動画を選択できる。また、日付まとめ表示にも対応している。なお、4K動画を保存したディスクの再生については、本体に取り込んでからの再生が推奨されている。

ビデオカメラから取り込んだ映像の一覧

取り込んだ4K映像を一覧表示したところ

同社の4Kテレビ「4K BRAVIA」との連携機能も向上。レコーダー側であらかじめノイズ成分除去を最適化してブラビアへ2K映像信号を送り出す「4Kブラビアモード」を引き続き搭載、加えて、Android機能を搭載したBRAVIAと組み合わせた際の音声操作機能の強化も実施した。

従来の音声操作では「キーワード(何を)」のみの入力に対応していたが、新たに「時制(いつ)」「アクション(録画/再生)」の入力にも対応。これにより、「来週の、〇〇が出演している番組を、予約したい」といったような音声による予約/絞り込み検索が可能になった。なお、この音声操作にはソニー独自の音声解析技術を用いている。

また、新たにSeeQVault対応も実現。SeeQVault対応USBハードディスクへの番組バックアップや直接録画に対応した。

SeeQVault対応のUSBハードディスクを本機に接続して“機器登録”すれば、このSeeQVault対応USBハードディスクへの直接録画や直接編集が行える。また、録画番組のダビング(バックアップ)、お出かけ転送ファイルの生成、ハードディスク内コンテンツのDLNA配信も可能だ。

なお機器登録したSeeQVault対応USBハードディスクを、登録機器とは別のソニー製・SeeQVault対応BDレコーダーに接続した場合は、再生・編集(削除のみ)・ダビングを行うことができる。

背面端子部

本機のリモコン

ハイレゾ再生機能も充実。パソコンなどからLAN経由で本機にコピーしたハイレゾ音源を再生することが可能だ。再生可能な音楽ファイルは、WAV・FLAC・AAC・MP3となる。

さらにソニー独自のアップスケーリング技術「DSEE HX」も備え、テレビ番組やCDの音声もハイレゾ相当のサウンドで楽しめる。

また取り込んだハイレゾ音源については、BDレコーダーの画面上からアーティスト別に絞り込みが可能。試聴したい楽曲をすぐに探せる。

リモート予約や外出先からの録画番組試聴、持ち出し転送などが行えるスマホ用アプリ「Video & TV SideView」にも引き続き対応。従来からのスマホ連携の充実も強みとしてアピールする。

編集機能については、従来モデルはチャプター編集のみに対応したが、本機ではそれに加えてタイトル結合/分割、プレイリスト作成に新たに対応した。

番組編集機能も強化された

録画一覧のスクロール速度強化などパフォーマンスも向上

基本操作のパフォーマンスも向上。録画リストのスクロール速度を向上させ、番組表を表示させるまでのステップもより簡略化した。

録画については、引き続き「おまかせ・まる録」や「番組名予約」などソニーのBDレコーダーならではの録画機能を継承。また人気番組ランキングから予約ができる「予約ランキング」については、表示されるランキングが従来の10位までから20までに拡大された。

なお、2017年7月中に行われるアップデートによって、2016年モデルに対しても、2017年モデルから採用された一部機能の追加、およびパフォーマンス改善が実施される。具体的には録画・視聴におけるUIのパフォーマンス向上、編集機能の追加(タイトル結合・分割プレイリスト)、SeeQVaultバックアップ/直接録画に対応する。

いずれのモデルもHDMI出力を1系統搭載。また、コンポジット映像入力を1系統備える。USB端子は2系統(前面/背面、背面のみUSB 3.0)を搭載する。Wi-Fiを内蔵しており、LAN端子も1系統搭載している。

いずれのモデルも外形寸法は430.7W×43.9H×208.6Dmm。質量はBDZ-ZT3500/BDZ-ZT2500が約2.9kg、BDZ-ZT1500/BDZ-ZW1500/BDZ-ZW550が約2.7kgとなる。
新着記事を見る
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-ZT3500
  • 発売日2017年7月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10万円前後)
【SPEC】●入力端子:USB×2、LAN×1 、コンポジット×1、ステレオ音声×1 ●出力端子:HDMI×1 ●消費電力:28W ●外径寸法:430.7W×43.9H×208.6Dmm ●質量:約2.9kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-ZT2500
  • 発売日2017年7月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格8.3万円前後)
【SPEC】●入力端子:USB×2、LAN×1 、コンポジット×1、ステレオ音声×1 ●出力端子:HDMI×1 ●消費電力:27W ●外径寸法:430.7W×43.9H×208.6Dmm ●質量:約2.9kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-ZT1500
  • 発売日2017年7月8日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格7万円前後)
【SPEC】●入力端子:USB×2、LAN×1 、コンポジット×1、ステレオ音声×1 ●出力端子:HDMI×1 ●消費電力:27W ●外径寸法:430.7W×43.9H×208.6Dmm ●質量:約2.7kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-ZW1500
  • 発売日2017年6月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格6万円前後)
【SPEC】●入力端子:USB×2、LAN×1 、コンポジット×1、ステレオ音声×1 ●出力端子:HDMI×1 ●消費電力:25W ●外径寸法:430.7W×43.9H×208.6Dmm ●質量:約2.7kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドSONY
  • 型番BDZ-ZW550
  • 発売日2017年6月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格5万円前後)
【SPEC】●入力端子:USB×2、LAN×1 、コンポジット×1、ステレオ音声×1 ●出力端子:HDMI×1 ●消費電力:25W ●外径寸法:430.7W×43.9H×208.6Dmm ●質量:約2.7kg

関連記事