スピーカー2機種、プリアンプ1機種を用意

デノン、ワイヤレススピーカー/プリアンプ「HEOS」3機種。SpotifyやAWAを単体で再生可能

編集部:小澤貴信
2017年03月14日
デノンは、SpotifyやAWA(アップデート対応予定)などの音楽ストリーミング再生に対応したワイヤレス・オーディオシステム「HEOS」3機種を3月15日より発売する。

■ネットワークスピーカー
・「HEOS 1」¥OPEN(予想実売価格27,000円前後)

「HEOS 1」

カラーはブラックとホワイトを用意

・「HEOS 3」¥OPEN(予想実売価格36,000円前後)

「HEOS 3」

縦置き・横置きに対応

■ワイヤレスプリアンプ
・「HEOS Link」¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)

「HEOS LINK」

背面端子部

HEOSは、家庭内ネットワーク(Wi-Fi/有線)と接続して、音楽ストリーミングを直接再生できるオーディオシステム。複数のHEOSを連携して再生することも可能で、マルチルーム用途にも対応する。

iOS/Android/kindle Fire向けに専用アプリ「HEOS」を用意しており、音楽ストリーミングから各HEOSスピーカーの操作、セッティングまでを直感的に行えることも特徴。

iOS/Android/Kindle Fire向けに「HEOS」アプリを用意

ラインナップは、HEOS機能を備えたスピーカー2機種、プリアンプ1機種。いずれもHEOS機能の内容は同一となる。

Bluetoothスピーカーとしての機能も併せ持つが、本体をネットワークに接続して音楽ストリーミングを直接再生できるため、スマートフォンはあくまでリモコンの役割になる。よってBluetoothスピーカーとは異なり、スマートフォンの使用状況に左右されずに音楽再生を楽しめる。またBluetoothが圧縮伝送なのに対して、HEOSは圧縮を行わないネットワーク伝送による再生なので、音質面でも優位性を持つ。

対応する音楽ストリーミング(日本国内)は、Spotify、AWA(2017年5月24日のアップデートで対応予定)、tunein、SOUNDCLOUD。AWAに対応するワイヤレススピーカーは業界初となる。なお、SpotifyとAWAは無料試聴可能なプランも用意するが、HEOSで再生するためには有料プランの契約が必須となる。

なお、AWAがAPIを提供を行ってのAWA対応は、今回のHEOSが初になるという。

海外で展開されているサービスについては、TIDAL、DEEZER、Pandra、Amazon Preime Music(海外のみ)などに対応している。

NASやPCに保存した音楽ファイルをネットワーク再生することもできる。またUSB-A端子を備え、USBストレージの再生に対応する。アナログ入力端子も備え、アナログ入力した音声を別のHEOSから再生することもできる。

音楽ファイルを再生している際のHEOSアプリの画面

背面のUSB-A端子に、USBストレージを接続できる

ワイヤレススピーカー「HEOS 1」は別売の専用バッテリー「Go Pack」(市場想定価格1万円前後)を組み合わせればポータブルでも使用可能。「HEOS 3」はより大きなワイヤレススピーカーで、縦置き/横置きの両方に対応。「HEOS Link」はHEOS機能を備えたプリアンプとなる。

欧米では2014年からこのHEOSを展開しているが、日本国内での展開は音楽ストリーミングサービスの普及状況を鑑みて、今回のタイミングでの日本導入になったという。海外ではさらに多くのモデルが展開されているが、日本での展開は上記3機種でスタートとなる。

なお、すでに発売されているデノンのAVアンプ「AVR-X6300H」(関連ニュース)と「AVR-X4300H」(関連ニュース)は、先行してHEOS機能を搭載(型番末尾の“H”はHEOS対応を表す)。HEOSスピーカーとの連携やHEOSの各機能に対応している。

数ステップの手軽な設定でセットアップが完了

HEOSは家庭内ネットワークに接続して用いることが前提となるが、セットアップはアプリを用いた数ステップの操作のみで簡単に行える。

より確実な接続を確保するため、セットアップ時にはステレオミニケーブルでHEOSとスマートフォンを接続する

設定中の画面。4つほどのプロセスのみで、すぐに設定が完了する

電源を入れたら、HEOS APPをインストールした(家庭内ネットワークに接続済みの)スマートフォンをステレオミニケーブルで本体と接続して、あとはHEOS APP上のわずかなステップでセッティングが完了する(Lightning端子のみのiPhoneの場合は、iPhone同梱の変換プラグ経由で繋げば問題ない)。

直感的な操作が行える「HEOS」アプリをiOSやAndroidなど向けに用意

再生における操作は、全てHEOSアプリで行える。アプリから音楽ストリーミングへのアクセスやプレイリスト管理を行うためには、HEOSアカウントを作成する必要がある。1台のHEOSに対して、複数のアカウント(端末)のHEOSアプリから操作を行うことも可能だ。

HEOSアプリは、「ルーム」「MUSIC」「再生中」の3つの画面で構成され、シンプルな操作性を特長とする。音楽ストリーミングを再生する場合、「MUSIC」のサービス一覧から該当サービスを選択。アプリ内から選曲を行うことができる(Spotifyについては「Spotifyアプリ」が立ち上がりそちらで操作する使用となる)。

「MUSIC」画面には、各音楽ストリーミングサービスや、再生したい入力の選択が行える

「再生中」画面では再生中の楽曲を確認できる。キュー再生にも対応。タブには再生中の楽曲名が表示されている

「ルーム」の画面では、複数のHEOSから操作・再生するものを選択したり、グルーピングしたりすることができる

「再生中」の画面では、再生している楽曲の表示に加えて、キュー(プレイリスト)再生の操作も可能。ローカルの音楽ファイルと音楽ストリーミングの楽曲を同時にキューに追加していくことも可能だ(Spotifyの音源を除く)。また、カラオケのように、同じHEOSのキュー・リストに対して複数のアカウントから再生したい楽曲を追加していくこともできる。

ネットワーク上に複数のHEOSがある場合、1つのアカウントから複数のHEOSを操作することが可能。「ルーム」からは操作するHEOSの選択に加えて、複数のHEOSのグループ化も指定でき、同じ音楽を同期して再生させることができる。グループ化は、アプリ上のHEOS一覧から、目当てのHEOS同士をドラッグして重ね併せることで行える。

このグループ化の機能を使えば、例えば「寝室のHEOSとリビングのHEOSを同期させて同じ音楽を同時に流す」「普段同期させている複数のHEOSのうち、1台だけグループから外して自分だけの音楽再生を楽しむ」といった使い方を手軽に切り替えて楽しめる。

デノンならではの高音質技術を搭載

音質面では、HEOS専用のDSP搭載により小型ながら歪みの少ない低音再生を実現。また、デノンのサウンドマネージャーによる音質チューニングが施され、デノン伝統の音作りが活かされているという。また後述する最新LEGO Moduleの採用により、ワイヤレスながら安定した、かつ遅延の少ない再生が行える。

高性能無線LANモジュールを搭載。NAS・USBメモリーの再生にも対応する

いずれのモデルもWi-Fiを内蔵。2.4GHz/5GHzのデュアルバンドで、IEE 802 .11 ac/n/a/g/bに対応する。また自社開発による高性能無線LANモジュールである「LEGO Module」の最新バージョンを搭載。MIMOにも対応する。

NASやPCからのネットワーク再生、およびUSB-A端子経由でのUSBストレージ再生は、最大192kHz/24bit PCM、5.6MHz DSDの再生に対応する(ハイレゾは44.1kHz/16bitにダウンコンバートして再生)。

再生対応フォーマットはWAV・FLAC・ALACが192kHz/24bitまで、DSDが5.6MHzまで、AAC-LC・MP3・WMAが320kbpsまで、HE-AACが80kbpsまでとなる。

Bluetoothはver1.4で、対応プロファイルはA2DP、対応コーデックはSBCとなる。

「HEOS 1」ー 最もコンパクトなHEOSスピーカー

「HEOS 1」は、シリーズ中で最もコンパクトなワイヤレススピーカー。再生はモノラルで、ドームトゥイーター/ミッドウーファーを搭載。クラスD方式のパワーアンプを内蔵する。本機2台をリンクさせてのステレオ再生が可能だ。カラーはブラックとホワイトを用意する。

HEOS 1(右)とGo Pack(左)

HEOS 1にGo Packを装着したところ

オプションのバッテリーパック「Go Pack」を取り付ければ、家庭内ネットワークの範囲でポータブルで使うことができ最長6時間の連続再生が可能。Go Packに付属のスプラッシュガードを装着すると、IPX4の防滴仕様となる。

天井部に音量ボタンなどを配置

背面部

背面には有線LAN端子、USB-A端子、ステレオミニ入力端子を搭載。消費電力は20W(待機時4.5W、クイックスタートモード)。本体の外形寸法/質量は、129W×189H×128Dmm/1.4kg。Go Pack装着時は129W×214H×134Dmm/1.7kgとなる。

「HEOS 3」ー 縦置き・横置き可能なHEOSスピーカー

「HEOS 3」はデュアル・フルレンジドライバー搭載/バスレフ型のワイヤレススピーカー。クラスD方式のパワーアンプを2基内蔵する。本機もモノラルスピーカーで、やはり2台をリンクさせてのステレオ再生が可能となる。縦置き、横置きの両方に対応している。

HEOS 3を縦置きしたところ

横置きにも対応

有線LAN端子、USB-A端子、ステレオミニ入力端子を搭載。消費電力は22W(待機時4W、クイックスタートモード)。本体の外形寸法/質量は、横置き時で275W×128H×156Dmm/1.9kg、縦置き時で130W×272H×165Dmm/1.9kg。

こちらも天井部にボタンを配置

背面部

「HEOS LINK」ー HEOS機能を備えたプリアンプ

HEOS機能を搭載したネットワーク・プリアンプ。AVアンプやシステムコンポなど既存のオーディオ機器に組み合わせて、HEOSを楽しむことができる。

HEOS LINK

入力はLAN(Wi-Fi/有線)、USB-Aに加えて、光デジタル入力、アナログ入力(RCA×1、3.5mmステレオミニ×1)も搭載。光デジタルおよびアナログ入力から再生した音楽を、ネットワーク上の別のHEOSへ配信することもできる。出力はアナログ・プリ出力(RCA)、光デジタル、同軸デジタルを備える。サブウーファー出力端子も備えている。

THD+Nは0.003%、S/Nは100dB、周波数特性は10Hz〜100kHz(+1, -3dB)。消費電力は4W(待機時4W、クイックスタートモード)、外形寸法は55W×74H×150Dmm、質量は1.3kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドDENON
  • 型番HEOS 1
  • 発売日2017年3月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格27,000円前後)
【SPEC】●消費電力:20W(待機時4.5W) ●外形寸法:129W×189H×128Dmm ●質量:1.4kg
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドDENON
  • 型番HEOS 3
  • 発売日2017年3月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格36,000円前後)
【SPEC】●消費電力:22W(待機時4W) ●外形寸法:275W×128H×156Dmm(横置き時) ●質量:1.9kg
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドDENON
  • 型番HEOS Link
  • 発売日2017年3月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
【SPEC】●THD+N:0.003% ●S/N:100dB ●周波数特性:10Hz〜100kHz(+1, -3dB) ●消費電力:4W(待機時4W) ●外形寸法:55W×74H×150Dmm ●質量:1.3kg
  • ジャンルプリメインアンプ
  • ブランドDENON
  • 型番HEOS Link
  • 発売日2017年3月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
【SPEC】●THD+N:0.003% ●S/N:100dB ●周波数特性:10Hz〜100kHz(+1, -3dB) ●消費電力:4W(待機時4W) ●外形寸法:55W×74H×150Dmm ●質量:1.3kg

関連記事