自動台形補正機能も搭載

サンワサプライ、輝度300ルーメンのHDMI入力搭載モバイルプロジェクター「PRJ-6」

編集部:伊藤 麻衣
2017年01月10日
サンワサプライは、HDMI入力を備えたモバイルプロジェクター「PRJ-6」を発売開始した。価格はオープンだが、直販サイトでは83,800円(税込)で販売されている。

PRJ-6

バッテリー内蔵のモバイルプロジェクターとしては、トップクラスだという明るさ300ルーメンを実現。HDMI入力端子を備え、PCやスマートフォン、純正の「Apple Digital AVアダプター」を使用したiPhone/iPad/iPod touchと接続して画像を出力できる。

PCでの使用イメージ

投影方式はDLPで、投影解像度は1,280×720のHD画質、投影スクリーンサイズは30〜100型まで対応。周辺の明るさを検知しプロジェクターの明るさを自動調整する「DLP IntelliBright」機能を搭載。さらに台形補正機能も備えており、水平最大40度まで自動補正できる。

125W×31H×125Dmm・約400gと片手でも持てるコンパクトなボディに、7,500mAhのバッテリーを内蔵し、約2時間の連続投影に対応。DCジャック搭載で、ACアダプターによる駆動も可能となっている。また、USB出力端子も装備し、スマートフォンやタブレットの充電もできる。

持ち運びしやすいコンパクトボディ

接続端子部分

三脚を取り付けることもでき、付属品としてミニサイズの三脚が同梱される。

なお、300ルーメンを確保できるのはAC接続時のみで、バッテリー駆動時は200ルーメンになるとのこと。

【問い合わせ】
サンワサプライ
TEL/086-223-3311

関連記事