発売時期や価格は未定

オンキヨー、ハイレゾ対応スマホをCESで参考出展。バランス駆動対応、富士通と協力開発

編集部:小澤 麻実
2017年01月06日
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、CES2017にてオンキヨーブランドのハイレゾ対応スマートフォンを参考出展した。導入地域や価格、発売時期は現在検討中とのこと。

参考出展されたオンキヨーブランドのハイレゾ対応スマートフォン

DAP開発で培った回路設計やアンプ設計技術を活かしたスマートフォン。富士通コネクテッドテクノロジーズ(株)と協力して開発した。IFAで出展されていた“次世代モデル”(関連ニュース)がベールを脱いだかたち。

IFAで参考出展されていた際の筐体

“業界最高水準”のDACとアンプ、オンキヨーの技術を活かした回路設計により、ハイレゾはもちろんCDリッピングや圧縮音源、ストリーミング音源も高音質で楽しめるとのこと。デュアルSIMスロットを搭載し、通話や動画再生、ゲーム、音楽再生などをこれ1台で高品位に行えることがアピールされている。

ハイレゾ音源はFLAC/WAV/DSD/MQAの再生が可能。DACはツインDAC構成で、バランス駆動にも対応する。OSはAndroidで、Google Playにも対応。Bluetooth&Wi-Fi機能も備える。

microSDカードスロットを1基備え、最大384GBの大容量に増設可能。フロントに8メガ、リアに16メガピクセルのカメラを搭載する。またスピーカーやマイクも内蔵する。

関連記事