11月12日から2017年3月31日まで

ソニービルリニューアルカウントダウンイベント「It’s a Sony展」。歴代製品を展示

編集部:押野 由宇
2016年11月04日
ソニーは、東京・銀座のソニービルの大規模リニューアルにあたり、「It's a Sony展」を開催することを発表した。会場はソニービル、期間は2016年11月12日(土)から2017年3月31日(金)まで。

「It's a Sony展」

今年創業70周年を迎えたソニーは、新たな時代への挑戦を象徴する取り組みとして、ソニービルを大規模にリニューアルする事業計画「銀座ソニーパークプロジェクト」に着手。ソニービルの現在の敷地を2018年夏から2020年秋の間は「銀座ソニーパーク」として広く開放し、その後2022年までに新しいソニービルを建設、新たに開業する予定としている。

これに伴い、ソニービルは2017年3月31日(金)をもって営業を一旦終了し、建て替えに向けた工事が開始される。この一時閉館に先立ち、ソニービルが歩んだ50年の歴史および今後の進化について、歴代のソニー商品と共に紹介するカウントダウンイベントとして、「It's a Sony展」が開催される。

「It's a Sony」は、1970年代にアメリカの広告で使われ始めたタグラインで、日本国内では1982年から2000年にかけてテレビコマーシャルのサウンドロゴとしても使用されていたもの。「It's a Sony展」は、前半と後半の2部構成で全138日間に渡って展開される。

会場では本展の開催を記念して、期間限定のラバーストラップが販売される。初代ウォークマン「TPS-L2」(1979年)などの歴代商品やソニービルを模したもので、期間中に全21種類が用意され、毎月5種類のデザインが切り替わる。カプセルトイでの販売で、価格は500円(税込)。

●展示内容
【前半:2016年11月12日(土)〜2017年2月12日(日)】

トランジスタラジオ「TR-55」

エンターテインメントロボット「AIBO」
ソニー歴代の商品やグッズなど計約730点を展示
「歴史」をテーマに、日本初のトランジスタラジオ「TR-55」や初代ウォークマン「TPS-L2」、エンターテインメントロボット「AIBO」などの商品を、当時の広告などと共に展示。80〜90年代を中心としたソニーミュージック所属アーティストのビデオクリップなども一挙に展示される。

各界の著名人など10名の思い出のソニー商品を紹介
「My Favorite Sony」と題した企画展示ブースにて、ピエール瀧氏やみうらじゅん氏らの思い出のソニー商品、およびソニー株式会社 社長兼 CEO 平井一夫氏が自ら購入した初めてのソニー商品である、5バンドラジオ「ICF-5800」(愛称:スカイセンサー/1973年)などが展示される。

【後半:2017年2月17日(金)〜2017年3月31日(金)】
「銀座ソニーパーク」をテーマとしたフロア構成
「未来」をテーマに、2018年夏にオープン予定の「銀座ソニーパーク」の様子を先取りして体験できるフロア構成を展示予定。

国内外のクリエイターによる展示やライブイベント
国内外で活躍するクリエイターによる、「パーク」をモチーフにした展示作品を設置。次世代の新人アーティストによる音楽ライブなども予定されている。

会場限定のラバーストラップ

●「It's a SONY展」 イベント概要
会場:ソニービル1階〜4階(〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-1)  

期間:2016年11月12日(土)〜2017年3月31日(金)
【前半】 2016年11月12日(土)〜2017年2月12日(日) 
【後半】 2017年 2月17日(金)〜2017年3月31日(金) 
※2017年1月1日(日)・2月20日(月)はソニービル全館休館

時間:11:00〜19:00 
※2016年12月31日(土)・2017年1月2日(月)・1月3日(火)は11:00〜18:00

料金:入場無料

【問い合わせ先】
ソニー 広報・CSR部
TEL/03-6748-2200

関連記事