無料の体験版も配信開始

DLNA/DTCP-IP対応アプリ「Media Link Player for DTV」がSDカード保存や倍速再生に対応

編集部:伊藤 麻衣
2016年09月26日
(株)アルファシステムズは、DLNA/DTCP-IPに対応したメディアプレーヤーアプリ「Media Link Player for DTV」に、SDカード保存機能などを追加した改良版の配信を開始した。価格はiOS版が1,080円、Android版が900円。


従来のアプリでは、iOS版/Android版ともに録画番組の保存先はタブレット/スマートフォンの内蔵ストレージのみだった(関連ニュース)。それが今回からAndroid版では、保存先にSDカードも選択できるようになり、本体の残り容量を気にせず動画が保存可能となった。

くわえて、iOS版/Android版ともに、タブレット/スマートフォンにムーブした録画番組の倍速再生機能も追加。倍速再生速度は、1.25倍/1.5倍の2種類から選択可能だ。今後は、ドラマ番組などにおいて新しい放送分が録画された際に通知する機能を10月末に提供する予定だという。

倍速再生のイメージ

また、Media Link Player for DTVの機能を無料で体験できるお試し版「Media Link Player for DTV Lite」(iOS/Android)の配信もスタート。一部に制限はあるが、Blu-rayレコーダーで録画した番組を、タブレット/スマートフォンで視聴することができる。

無料体験版が登場


Media Link Player for DTVは、デジタル放送など、DLNA/DTCP-IP対応レコーダーやサーバー機器内のコンテンツをストリーミング再生することが可能。DTCP-IPダビングにも対応し、Blu-rayレコーダーなどに録画したデジタル放送をiOS/Android端末にムーブして持ち出すこともできる。再生時にはレジューム機能も備え、視聴を中断した位置から再生を再開することが可能だ。また、ライブ放送の転送視聴にも対応している。

関連記事